EGNISH、3/11に地元仙台で震災復興イベントを開催

NEWS by 編集部 2012/03/05

120305_EGNISH-main

仙台在住のバンドEGNISHが、3月11日(日)にニュー・アルバム『The World』をリリースする。また彼らは同日、地元のライブハウス「MACANA」にて震災復興イベントを開催する。

EGNISHのニュー・アルバム『The World』は、過去の代表曲を全て日本語の歌詞に変え、新曲「Peace Maker」を加えたものとなっている。その「Peace Maker」はYouTubeで先行公開され、福島中央テレビの音楽番組『二畳半レコード』のエンディングテーマにも選ばれるなどして話題を呼んでいる。

彼らがアルバム発売と同日に行う震災復興イベントの名称は『EGNISH presents 「OUR UNION」-未来を担う子供たちへ-』。会場となるライブハウスは、東日本大震災の影響により一時閉店したが、昨年10月、移転によって再オープンを果たした「仙台 MACANA」だ。

このイベントにはEGNISHの他、4組のアーティストが出演する。また当日のチケット売上は全額が「東日本大震災みやぎこども育英募金」に寄付される。概要は次のとおり。

EGNISH presents
「OUR UNION」-未来を担う子供たちへ-

  • 日時:2012年3月11日(日) 17:00open 17:30start
  • 会場:仙台 MACANA
  • 出演:EGNISH/FAT PROP/ghostnote/RUNNERS-Hi/JINBEY(オープニングアクト)
  • 料金:前売2,000円/当日2,500円
  • チケット:
  • 問い合わせ:MACANA OFFICE(022-262-5454)

加えてアルバム『The World』の発売記念ツアーも決定した。新潟を皮切りに、郡山、大阪、名古屋、渋谷、水戸を周り、最後は「仙台 MACANA」で締めくくるスケジュールとなっている。

EGNISH「The World」release tour

なおEGNISHは、サポート・キーボーディストとしてバンドを支えてきた鈴木志穂を昨年末に正式メンバーとして迎えたばかり。次のステージへ到達したバンド・サウンドと、日本語詞になったことで輝きを増した曲の数々を、これらのライブで体感しよう。

また先に触れた「Peace Maker」のミュージック・ビデオの映像は、津波にあった地域、メンバー自身の自宅、MACANAでの演奏風景など、すべて宮城県内で撮影されたものだそうだ。

『The World』EGNISH

TUNECORE JAPAN