展示イベント”木の仕事Vol.3 弦楽器製作者の仕事”が開催中

NEWS by 編集部 2012/01/17

sumi

長野県東御市文化会館が主催するイベント”木の仕事”の第3回開催として,現在,弦楽器製作者をフィーチャーした催しが行なわれている。

豊富な木材資源から多くの木工作家たちが集う長野県。東御市文化会館が主催イベント”木の仕事”は,そんな長野県に縁ある木工芸者に焦点を当てたイベントだが,現在その3回開催として”弦楽器製作家の仕事”と題された展示会を開催している。出展者は以下4名の弦楽器製作家。

  • 石井栄:クラシック・ギター製作の大ベテラン。名工,茶位幸信に師事したのち84年に独立。現在はクラシック・ギターの他,古楽器の製作にも積極的。
  • SUMI工房:国内におけるマンドリン製作の草分けでもある大家,鷲見英一(写真)が主催する楽器工房。近年はフラットトップ・ギターの製作にも注力しており,プロ/アマ問わずに高い評価を得ている。
  • 佐久間悟:石井栄の弟子であり,かのロマニリョスの薫陶を受けたことのある気鋭クラシック・ギター製作家。伝統製法を踏襲した製作活動で,寡作ながら多くの演奏家の注目を集めている。
  • 小林大作:カナダのDave Freemanに師事。その後SUMI工房にも従事して独立した新進製作家。手作業にこだわった製作姿勢と若手ならではの柔軟なアイディアで近年頭角を現している。

開催は1月14日から1月29日(日)まで。入場は無料となっているので,お近くの人はぜひ足を運んでみてほしい。

木の仕事Vol.3 弦楽器製作者の仕事

  • 日時:2012年1月14日~29日(日)/午前9時~午後5時
  • 場所:東御市文化会館展示室(住所:長野県東御市常田505-1)問東御市文化会館
  • TEL:0268-62-3700

関連リンク

TUNECORE JAPAN