トロンボーン12重奏「Twelve-Sense」の公演、12/5に新大久保で開催

NEWS by 編集部 2011/11/09

111109_TwelveSense-main

日本を代表するトロンボーン・プレイヤーであり、作・編曲家としても活躍している村田陽一が音楽監修を務めるトロンボーン・アンサンブル「Twelve-Sense」の公演が、12月5日(月)に東京・新大久保のスペースDoで行われる。

「Twelve-Sense」は、都内のプロ・オーケストラや吹奏楽団に所属するプレイヤーからフリーランスまで、12名の多彩なトロンボーン奏者で構成されたアンサンブルだ。今回の公演は、トロンボーン12重奏によるユニークな音の世界を間近で体験するチャンス。管楽器ファンはぜひ足を運んでみよう。

Twelve-Sense 2nd Concert

  • 日時:2011年12月5日(月) 開場18:30 開演:19:00
  • 会場:新大久保スペースDo(東京都新宿区百人町2-8-9/管楽器専門店ダグ地下)
  • 音楽監修:村田陽一
  • 出演:奥村尚美、越智大輔、小篠亮介、田中裕香、玉木優、東條あづさ、鳥塚心輔、橋本勇太、藤井良太、星野舞子、村田陽一、山口隼士(50音順)
  • プログラム:
    • 「Posaunenstadt!」エワイゼン
    • 「ADAGIO from Symphony No.3」サンサーンス
    • 「Night Club 1960」ピアソラ/村田陽一 編
    • 「Hymnus for 12 cellos」クレンゲル/玉木優 編
    • 「Janeiro」村田陽一
    • 「バストロ吹きの休日」星野舞子 ほか
  • 料金:前売2,500円 当日3,000円
  • 問い合わせ:スペースDo「Twelve-Senseコンサート係」 電話:03-3361-2211
  • 詳細:http://twelvesense.seesaa.net/article/233804453.html

関連リンク

TUNECORE JAPAN