ファンキー・アルト奏者、渡辺ファイアーのソロ・アルバムが10/28に発売

NEWS by 編集部 2011/10/26

111027_firesession-main

国内屈指のファンキー・アルト・サックス奏者、渡辺ファイアーのファースト・ソロ・アルバム『Fire Session / ファイアー・セッション』が、2011年10月28日(金)にリリースされる。

本作のレコーディングは、渡辺ファイアー(アルト、ソプラノ&バリトン・サックス)、音川英二(テナー・サックス)の2管と新澤健一郎(キーボード)を中心とし、岡田治郎(ベース)と磯部潤―(ドラムス)、または西村直樹(ベース)と田中栄二(ドラムス)のリズム体が参加して行われた。

収録曲はマイルス・デイヴィスの「ソー・ホワット」、リー・モーガンの「ザ・サイドワインダー」、ジョン・コルトレーンの「インプレッションズ」など、ジャズの名曲たち。しかし演奏は、渡辺ならではのファンキーかつハードなものとなっている。

ジャズを学んだあとファンクに出会い、自らの方向を決めたという彼。その音楽性が存分に発揮された熱いファースト・アルバムだ。

『Fire Session / ファイアー・セッション』渡辺ファイアー

2011年10月28日発売/2,100円

収録曲

  1. The Eye of the Hurricane(Herbie Hancock)
  2. Passion Dance(McCoy Tyner)
  3. Well You Needn’t(Thelonious Monk)
  4. So What(Miles Davis)
  5. Riot(Herbie Hancock)
  6. The Sidewinder(Lee Morgan)
  7. Caravan(Duke Ellington)
  8. Sister Sadie(Horace Silver)
  9. Impressions(John Coltrane)
  10. Mr. Clean(Weldon Irvine)

関連リンク

TUNECORE JAPAN