女王蜂、フレネシ、住所不定無職、STSら女子ミュージシャンが出演 渋谷パルコ『シブカル祭。』音楽部”発表会”、11/1開催

NEWS by 編集部 2011/10/24

10月28日(金)から渋谷パルコを舞台に”女子文化祭”と題して始まる「シブカル祭。」は、さまざまな分野で活躍する女性クリエイターに焦点を当て、彼女達の作品を「部活別」に紹介/発表していくイベントだ。Rittor Music Portではその中の「音楽部」の活動情報をご紹介しよう。

音楽部では10月27日(木)の前夜祭を含めて6回のステージを予定している。目玉となる11月1日(火)の”音楽部発表会!”では渋谷クラブクワトロを会場に、フレネシ、SHE TALKS SILENCE、女王蜂、住所不定無職、宮本りえら、バンドやDJなどさまざまなジャンルのアーティストが集結する。このラインアップは”女子文化祭”である本イベントならではといえるだろう。ぜひこの機会に、彼女たちのパフォーマンスを体験してほしい。

11/1(火)17:30~
「シブカル祭。」音楽部発表会!

  • 会場:渋谷クラブクアトロ
  • 日時:11/1(火)17:30~
  • タイムテーブル(予定)
    17:30~18:00:SHE TALKS SILENCE(DJ)/onnacodomo(VJ)
    18:00~18:30:フレネシ(LIVE)
    18:30~19:00:宮本りえ(DJ)/onnacodomo(VJ)
    19:00~19:30:SHE TALKS SILENCE(LIVE)
    19:30~20:00:TWEE GRRRLS CLUB(DJ)/河野未彩(VJ)
    20:00~20:30:住所不定無職(LIVE)
    20:30~21:00:Mayu(DJ)河野未彩(VJ)
    21:00~21:40:女王蜂(LIVE)
  • 料金: 前売 ¥2,000(税込/ドリンク込/整理番号付)
  • チケット発売日: 10/8(土)
  • 主催: 2011「シブカル祭。」実行委員会
  • お問合せ: 渋谷クラブクアトロ
    03-3477-8750
    http://www.club-quattro.com
  • チケット発売:
    • チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:153-096)
    • ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:76250)
    • e+:http://eplus.jp
    • 渋谷クラブクアトロ店頭
      ※当日券の販売はございません。

SHE TALKS SILENCE

2008年、山口美波のソロプロジェクトとしてスタート。7インチシングル『QuietSun』、ファーストアルバム『Noise & Novels』をインディショップ限定で発売。すべて宅録で制作された独特の音源は、インディ好きに止まず、うるさ型と呼ばれる大人たちまで、幅広く好評を得る。ギター+iPodで一人でのライヴを多数行う。2009年、「趣味が合う」という理由だけでドラム経験のない友人・河合亜由美をライヴのサポート・ドラマーに誘い、2010年に正式加入。2人組のバンドとなる。ハンドメイドの1点物で制作されるライヴCDやトートバッグも支持を得ており、彼女たちのDIY精神も高い評価を得ている。

111024-shibukaru-1.jpg

フレネシ

シンガーソングライティングアニメーター。2010年代的・狂気のささやき女性ソロアーティスト。8歳でささやき声しか出なくなり、20歳で衝動的に音楽活動を開始、22歳で「フレネシ」と名乗る。以降「ささやいていても硬派」な楽曲を多数作曲、坂本龍一氏のミュージックサイトMusictreeでは、 LiveBrain賞、ONKYO賞などを受賞し、遅れてきた天才少女と噂される。そして2009年6月に乙女音楽研究社からリリースした初のフルアルバム『キュプラ』がHMV渋谷店インディーチャート1位、カレッジチャート1位、mF247チャート1位を獲得するなど、 耳の早いファンの間で大きな話題を呼ぶ。2ndアルバム『メルヘン』も好評発売中。

111024-shibukaru-5.jpg

宮本りえ

『JILLE』、『Lips』、『InRed』など数多くのファッション雑誌で活躍する人気モデル。独特の雰囲気と感性でコラボファッションの提案やSKYMARK機内誌『うららか日和』、Lips『音女(おとめ)主義』の連載など幅広い分野で活躍中。

111024-shibukaru-7.jpg

TWEE GRRRLS CLUB

TOKYO’s only one indiegirls DJ club! インディミュージック好きな全ての女の子の気持ちを代弁する、RIOT & DIYな精神を掲げたガールズグループ。DJだけにとどまらず、Fanzineをセルフパブリッシュし、パーティーをトータルでコーディネートするなど、既存のクラブDJの常識をひっくり返すその活動は日本だけにとどまらず、世界中からラブコールを受けている。LAのPartTime Punks、NYC popfest、イギリスのIndie Tracksなど国境を越えてインディポップのDJとして活躍するSumireを中心にMoe(Miila And The Geeks)、Yuppa(HNC)、Satom(i remember this)、Methylの5人がアナログレコードをまるでオモチャのように次々と繋いでいくDJスタイルは、まさに日本版のThe She Set! 2010年には初のセレクトコンピレーションアルバム『Grrrls Talk』をリリース!

111024-shibukaru-4.jpg

住所不定無職

キラーチューンエクスプロージョンズ!!!
職業安定所で意気投合して結成! 東京No. 1JAKAJAAAAAN!!!!! サウンドをかき鳴らしながら、キラキラ☆キラーチューンをエクスプロージョン(爆発)させまくるロックンロールガールズトリオ♪

111024-shibukaru-8.jpg

Mayu

広島県出身。80kidzのメンバーとして2009年まで活動。脱退後DJとして活動を続ける。こよなくVINYLを愛し、INDIE ROCK、ELECTRO、DISCOを繋ぐ、 TOKYO INDIE ROCKシーンの重要DJの一人。都内を中心に様々なイベント、パーティーに出演。これまでJAMES MURPHY、RITON等国内外のアーティストと共演し、ピュアな感性と常に先を行くプレイでフロアからの支持も確実に得ている。また自身のブログに定期的にアップされるMixやm.y.k.と始動した新しいパーティーSister Sisterにも注目が集まっている。

111024-shibukaru-2.jpg

女王蜂

ヴォーカル:アヴちゃん。ベース:やしちゃん。ドラム:ルリちゃん。ギター:ギギちゃん。2009年、結成。神戸出身。2010年にフジロックフェスティバル「ROOKIE A GO-GO 」に大抜擢され、その衝撃的なパフォーマンスが、耳の肥えたロックファンの度肝を抜く。2012年秋にアルバム『孔雀』にてメジャーデビュー。映画『モテキ』のメインテーマを飾るなど、今後さらに幅広い活躍が期待されている。

111024-shibukaru-9.jpg

河野未彩

1982年横浜市生まれ。2006年多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業の後フリーランスとして活動中。ポップや音楽、時代へのレスポンスとして、グラフィック、プロダクト、映像、写真など様々な分野でイメージを広げる。

111024-shibukaru-6.jpg

onnacodomo

ミュージシャンのDJ Codomo、アニメーション作家のせきやすこ、イラストレーターの野口路加の3人によるVJユニット。CGや、録画素材を使用せず、ビデオカメラと日常にある様々なものを用いたVJを展開中。

111024-shibukaru-3.jpg

「シブカル祭。」音楽部活動情報

  • 会場:PART1・1F公園通り広場ほか
  • 日程:
    • 10/27(木)
      でんぱ組.inc、杏窪彌ほか
    • 10/28(金)
      南波志帆、tengal6、bómiほか
    • 10/29(土)
      うさぎのなみ平、バニラビーンズほか
    • 11/5(土)
      PoPoyansほか
    • 11/6(日)
      Predawnほか
      ※タイムスケジュールなど詳細は「シブカル祭。」HPにてご確認ください。
      http://www.shibukaru.com/

関連リンク

TUNECORE JAPAN