POPGROUP presents Music is Ours 2011開催

NEWS by 編集部 2011/10/03

本誌10月号のハイレゾ配信特集にも協力いただいたCalm。毎年恒例のバンド・セットでのライブが10月30日(日)、渋谷に新しくオープンするSOUND MUSEUM VISIONで開催されます。

 

poptop_calm_03.jpeg

 

POPGROUP presents Music is Ours 2011

Calm – Moonage Electric Quartet    LIVE
Mixmaster Morris       DJ
Meg(OVERHEADS)  VJ

10月30日(日) 16:00~22:00
@SOUND MUSEUM VISION
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビルB1F
tel 03 5728 2824
www.vision-tokyo.com

チケット:前売り3,500円/当日4,000円
※前売りチケットご購入の先着150名様にMusic is Ours 2011限定ポスタープレゼント(当日引き換え)

プレイガイド一般発売日9月24日(土)

イープラス http://eplus.jp
ローソンチケット 0570-084-003  Lコード:74764
チケットぴあ 0570-02-9999  Pコード:152-022

TOTAL INFO:POPGROUP

「Music is Ours」
故Nujabesに捧げた曲だけれども、昨年のワンマン・ライブから、そのワンマン・ライブ自体のタイトルとして使わせてもらっている。Nujabesともよく話していたんだけど、世の中に流れるどうしようもない音楽とは全く別の世界で我々は生きていて、その我々こそが本当の音楽を奏でているはずだと。本当の意味での音楽は我々のものだ。世の多くの人はその素晴らしい、本当の音楽にまだ出会っていないだけかもしれない。それを世に広めていくのが我々の使命、生まれてきた理由なんじゃないかなと。

ワンマン・ライブ自体毎回場所を変えてやってきているんだけど、今年はまたまた趣向を変えて新箱SOUND MUSEUM VISIONでやらせてもらうことになった。渋谷区道玄坂にオープンするこの新箱はまだ情報も、箱のイメージも何も無い真っ白なキャンバス。考えただけでワクワクする。

さらに今回はスペシャル・ゲストDJとしてMixmaster Morrisをロンドンから呼ぶことになりました。MorrisはCalmがデビュー当時から常にロンドン~ヨーロッパを始め世界各国でCalmをレコメンドし続けてくれた、世界屈指のDJ、アーティスト。毎年恒例のワンマンライブ、新箱SOUND MUSEUM VISION、その二つではまだ何かが足りない気がしていたが、Morrisの参加でパズルの最後のピースがそろったことになる。

毎年趣向を変えながらもCalmのワンマンライブというスタイルを、その年の雰囲気で作り上げていくことだろう。今年のスペシャルな雰囲気はきっと今年だけ。来年は来年吹く風に聞けと言わんばかり。年にたった、ホントたった一度だけのワンマン・ライブ。Calm – Moonage Electric Quartetが奏でる今年の音、Music is Oursが演出する今年のワンマン・ライブを是非お見逃しなく!

Calm
ジャンルにとらわれず、すべての良質な音楽を軸として唯一無二の音を放つサウンド・クリエイター。1997年のデビュー以来、さまざまな名義を使い分けて幅広い楽曲を生み出し、現在に至るまで実にほぼ毎年フル・アルバムなどをリリース。勢力的な活動を続けている。またDJとしてのキャリアも重ね、ダンスフロアに笑顔を育むをテーマに活動。作り出す楽曲同様あらゆる良質な音楽から貪欲に選曲し、解放している。またもう一つの側面としてライブ活動がある。こちらはCalmが信頼おけるミュージシャンと行動を共にし、各プレーヤーのポテンシャルを存分に引き出すインタープレイ中心のアグレッシブなライブ。1曲につきの決められたことはわずかで、あとはその場の雰囲気やプレーヤーのソウルで毎回違う展開へと発展する。Calmが作り出す楽曲とは一味も二味も違う別世界へといざなるであろう。言葉尻ではない本当のジャズ、ソウル、ロック、全ての要素を体験できるはず。

Mixmaster Morris
DJキャリアはロンドンの無認可ラジオで始めた自分の番組「Mongolian Hip Hop Show」からスタートした。作品を発表しだしたのが1987年、すぐにUKアシッド・シーンの立役者の1人となり、1990年には初めてのチルアウト・コンピレーションと後々うたわれることとなった『Give Peace a Dance 3』を監修する。1998年、NINJA TUNEに参加。1999年にはIbiza DJ Awardsにて”ベスト・チルアウトDJ”を受賞し、今日もアンビエント・バイブを世界中のダンス・フロアに広めている。

Meg(OVERHEADS)
ライトショウ集団OVERHEADSのデジタル部門VJ担当。映像だけでなく、絵画、イラスト、インスタレーション、立体表現など幅広い表現形態を持つ。バンドの演奏やフリー・セッションなどのVJが多く、アナログとデジタルが交差したライトショウを展開。CALM、OKI DUB AINU BAND、DACHAMBO、SOIL&”PIMP”SESSIONS、SOFT、Baker Brothers、Marcos Szano、などのVJを務める。

TUNECORE JAPAN