ハーブ・オオタ・ジュニアが10月に四国で初のライブ

NEWS by 編集部 2011/09/14

110913_HerbOhtaJr-main

ウクレレの神様を父に持つ新世代ウクレリスト、ハーブ・オオタ・ジュニアが、10月13日(木)に香川県高松市北浜町のN.Y. GALLERYにて、ギタリストのジョン・ヤマサトとのコラボレーションによるライブを行う。

当日はメレフラタイムも予定。フロントアクトとして、フェリーペ中村とウクレレキイチも登場する。

なお来日回数も多いハーブ・オオタ・ジュニアだが、四国でのライブはこれが初になるという。

 

Herb Ohta,Jr. with Jon Yamasato 1st Live in 四国

  • 日時:2011年10月13日(木) 開場 19:00 開演 19:30
  • 会場:N.Y. GALLERY(香川県高松市北浜町12-7)
  • 料金:前売3,000円 当日3,500円
  • 予約・問い合わせ:holoholo music ウクレレキイチ
    • 電話:090-2825-0472
    • e-mail:ukulele.kiichi@gmail.com

出演者プロフィール

ハーブ・オオタ・ジュニア (ukulele)

1970年ハワイ州ホノルル生まれ。父はウクレレの神様”オータサン”ことハーブ・オータ。 3才で初めてウクレレを手にし、幼少時代は父から正式レッスンを受けて育つ。1990年オータサンのアルバムにてプロデビュー。1997年には念願のソロアルバムをリリース。正統派奏法を受け継ぎながらも、若い感性溢れる独自のスタイルを確立。新世代ウクレレ・プレイヤーの先駆者的存在となる。ウクレレとその音楽の普及にも尽力。ハワイだけでなくアメリカ本土や日本にも遠征し、ウクレレの素晴らしさを多くの人に伝えている。

ジョン・ヤマサト (guitar)

ハワイ州ホノルル生まれ。ジェイク・シマブクロも加入していたアイランドコンテンポラリーバンド”Pure Heart”(ピュア・ハート)のリードボーカリストとして活躍する。現在は、ソロ活動のかたわら女性2人のユニット”keahiwai”のプロデュースや様々なハワイアンミュージシャンとのレコーディングに大活躍中。

フェリーペ中村 (ukulele)

ウクレレ&ギタリスト。ジャズやポップスをはじめ、本場ブラジルでボサノバを勉強し、インドなど世界の音楽と共演。「倉敷音楽物語」プロデューサーでもあり、倉敷にてウクレレショップ&教室「パームミュージック」を主宰。

ウクレレキイチ (ukulele)

地元香川を中心に活動中のウクレレソリスト。ハワイアンのみならず、クラシック、デキシーランド・ジャズ、ラグタイムなど、多様な楽曲をウクレレ一本で表現する。講師、楽器輸入販売、イベント企画「holoholo music」代表。

TUNECORE JAPAN