宮城出身のトランペッター大橋諭が9月に東日本大震災復興支援ツアーを実施

NEWS by 編集部 2011/08/25

ニューヨークとニューオリンズを拠点に活躍中のトランペッター大橋諭(Satoru Ohashi)が9月に来日し、「ハリケーン後の復興を支えた暖かいニューオリンズ・サウンドを震災後の日本へ」というテーマのもと、ニューオリンズのプレイヤー達と共に東日本大震災復興支援ツアーを行う。

今回のツアーは、大橋が率いる新ユニット「Satoru Ohashi New Orleans Jazz Gumbo」の名義で行われる。メンバーはブルース・ブラックマン(クラリネット)、マイキー・ハート(ピアノ、バンジョー、ギター)、ジョン・ジョイス(アコースティック・ベース)、ポール・ティバドー(ドラムス)という面々。いずれもニューオリンズを拠点に世界各国で活動するミュージシャンであり、「震災後の日本にニューオリンズ音楽で活力を!」という今回の大橋の想いに賛同した精鋭たちだ。

ツアーは島根を皮切りに大阪、愛知、新潟を経て、大橋の故郷である宮城で2回のライブを終えたあと、東京で完結する。ライブの収益の一部は東日本大震災復興支援寄金として寄付される。

また各会場では、日本の名曲をニューオリンズ風にアレンジした作品が収録されたCD『ブリッジング・ザ・ブルース:ホーム・トゥー・ホーム』の販売も行われる。CDのタイトルにある2つの”ホーム”は、大橋の生まれ故郷の東日本と第二の故郷ニューオリンズを意味しており、共に災害を経験したその2つの故郷を”ブリッジ”(橋)で繋いでいく、という思いが込められているそうだ。

Satoru Ohashi New Orleans Jazz Gumbo
東日本大震災復興支援 2011 Japan Tour

島根

  • 日時:2011年9月10日(土) 出演17:00
  • 会場:松江城JAZZフェスティバル 松江城二の丸下の段「あっぱれ舞台」
    ※荒天時は松江市総合文化ホール
  • 入場料:[一般]前売4,000円/当日4,500円 [学生]前売2,000円/当日2,500円
  • 問い合わせ:松江開府400年祭推進協議会(0852-32-0400)

大阪

  • 日時:2011年9月12日(月) 開演19:45
  • 会場:ジャズオントップ梅田(大阪府大阪市北区曽根崎新地2-3-13 若杉大阪駅前ビルB1F)
  • 入場料:前売3,500円/当日4,000円
  • 問い合わせ:ジャズオントップ梅田(06-6341-0147)

愛知

  • 日時:2011年9月13日(火) 開演19:30
  • 会場:スターアイズ(愛知県名古屋市千種区菊坂町3-4-1 Gハウスビル1F)
  • 入場料:前売3,500円/当日4,000円
  • 問い合わせ:スターアイズ(052-763-2636)

新潟

  • 日時:2011年9月15日(木) 開演19:30
  • 会場:ジョイアミーア(新潟県新潟市中央区東堀通7番町1016-1)
  • 入場料:前売4,000円/当日4,500円
  • 問い合わせ:ジョイアミーア(025-224-2588)

宮城

  • 日時:2011年9月16日(金) 開演18:30
  • 会場:仙台市市民活動サポートセンター(宮城県仙台市青葉区一番町4-1-3)
  • 入場料:2,000円
  • 問い合わせ:ジャズ・ミー・ブルース ノラ(022-398-6088)
  • 日時:2011年9月17日(土) 開演18:30
  • 会場:美里町文化会館(宮城県遠田郡美里町北浦字駒米13)
  • 入場料:[大人]2,000円 [高校生以下]1,000円
  • 問い合わせ:大橋(090-1370-6351)

東京

  • 日時:2011年9月19日(月) 開演19:30
  • 会場:赤坂B-flat(東京都港区赤坂6-6-4赤坂栄ビルB1)
  • 入場料:前売4,000円/当日4,500円 ※大学生以下500円引き
  • 問い合わせ:赤坂B-flat(03-5563-2563)

大橋諭(Satoru Ohashi)プロフィール

宮城県出身。法政大学、バークリー音楽院、ジュリアード音楽院を卒業。現在NYとニューオリンズを拠点に活躍中。ヴァレリー・ポノマレフ・ビックバンド、ニューオリンズ・ナイトクローラーズ、ジミー・ドーシー・オーケストラ、ジェシー・キャロライナ&ホットメス等の多数の音楽ユニットに参加。2005年、ハリケーン「カトリーナ」被災中に電話越しのオーディションでジュリアード音楽院に合格、ニューヨークタイムズ紙が注目し時の人となる。これまでにカネーギーホール、リンカーンセンター、ニューオリンズ・ジャズ&ヘリテイジ・フェスティバル、松江城国際ジャズフェスティバル、トニー・クリフトン全米ツアー、ヨーロッパ、南米で演奏。ウィントン・マルサリス、クラーク・テリー、ベニー・ゴルソン、オージェイズ、プリザベーションホールジャズバンド等と共演。2007年には自らの被災経験から作曲のインスピレーションを受けて作った初リーダーCD『モーンニン・オン・ザ・ストリート』を発表し自己の日本ツアーを成功させた。

TUNECORE JAPAN