GROOVE的フジロックの過ごし方。〜Day 3〜

NEWS by 編集部 2011/07/28

毎年恒例の”GROOVE的フジロックの過ごし方”。ステージの行き来に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

■7/31(Sun)

board_walk.jpg

フジロック最終日は午前中にしっかり起きて、GREEN STAGEのYOUR SONG IS GOOD(11:00)からスタート。次いでWHITE STAGEのRINGO DEATHSTARR(11:30)でノイズポップを堪能し→FIELD OF HEAVENのGOMA&THE JUNGLE RHYTHM SECTION(12:30)でトライバルなグルーブを味わう。

FIELD OF HEAVENのエリアでは、オーガニックなごはんやお酒をぜひ堪能したいところ。ショップやブースも豊富なので見て回るの楽しみのひとつ。

午後からは、GREEN STAGEのTHE KILLS(14:00)やWHITE STAGEのBRITISH SEA POWER(14:10)、NO AGE(15:40)、RED MARQUEEのBEACH HOUSE(16:30)など良質なバンドが続々と登場するので、インディロックファンは忙しくなるだろう。

夕方にはFIELD OF HEAVENに戻りCORNERSHOP(17:50)→WHITE STAGEの斉藤和義(18:50)を見ながらGREEN STAGEに移動。2011年のフジロックにおける最も見逃せないアーティスト、YELLOW MAGIC ORCHESTRA(19:20)をしっかりと見届けよう。RED MARQUEEのATARI TEENAGE RIOT(20:30)を見に行って、またGREEN STAGEに戻ったらTHE CHEMICAL BROTHERS(21:30)が始まっているころ。何も考えずにダンスを楽しみたい!

いよいよフジロックも終盤。そのままTHE MUSIC(23:40)を見るか、”OASIS”エリアで仲間と合流して乾杯をするか。どちらにしろRED MARQUEEのSUNDAY SESSHIONでは、TOWA TEI(00:00)、SOIL&”PIMP”SESSIONS(01:30)など激しく踊らせてくれるアクトがまだまだ続く。

最後にCRYSTAL PALACE TENTへ行き、Sim Cassによるダブを聴きながら、3日間の出来事を思い返そう。


それでは皆さん、良いフジロックの3日間を!

TUNECORE JAPAN