ジョシュア・レッドマン率いるワンホーン・カルテット、”ジェイムス・ファーム”のデビュー・アルバム

NEWS by サックス&ブラス・マガジン編集部 2011/06/16

jake-thumb-650xauto-39322

SAX&BRASS Magazine Disc Review

ジェイムス・ファーム『ジェイムス・ファーム』 

ワーナー WPCR-14121   ¥3,150
 2011/ 06/08発売

ジャズ・サックス界のイノベーターであるジョシュア・レッドマンが、同じくシーンを牽引する3人のメンバーと結成したワンホーン・カルテット、”ジェイムス・ファーム”の1st。まさに”現代ジャズ”と呼びたい緊張感溢れるサウンドながら、仲間同士の気軽なジャム・セッションをそのままパッケージングしたような、リラックスした雰囲気も併せ持つあたりはさすが実力派。ジャズに欠かせない”バンド・アンサンブルの妙”を、やや確信犯的に、かつシンプルに楽しんでいるレッドマンの演奏に心が躍る1枚。

■収録曲:①コークス ②ポリウォグ ③ビジョウ ④クロノス ⑤スター・クロスド ⑥1981 ⑦ I-10 ⑧ アンラヴェル ⑨イフ・バイ・エア ⑩ ロウ・ファイヴス ⑪トリックスター (日本盤のみボーナス・トラック)

■メンバー:ジョシュア・レッドマン (ts,ss)、アーロン・パークス(p)、マット・ペンマン (b)、エリック・ハーランド (ds)

 

TUNECORE JAPAN