木下美紗都、約4年4ヶ月振りにオリジナルアルバムを発売

NEWS by 編集部 2011/06/29

110629-headz-main

2007年3月に発売した『海 東京 さよなら』がロングヒットを続けている女性ソロ・シンガー木下美紗都が通算2枚目のオリジナルアルバム『それからの子供』を7月20日に発売する。

木下美紗都は、2006年に佐々木敦と坂本隆一によるラジオ番組に楽曲「ボーイ・ミーツ・ガール」を送り、両者から高い評価を得たことがきっかけで2007年に曲づくりから録音、ミックスまでを自らの手で行った『海 東京 さよなら』をWEATHER/HEADZより発表。以来、瀬田なつき監督らを中心とした映画音楽を数多く手がけ、1月には同監督のメジャー進出作『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』のサントラを収録した『瀬田なつき×木下美紗都 SOUNDTRACKS』を発表した。今作でも作詞・作曲・編曲から録音、ミックスまでを木下自身が行っている。

『それからの子供』では、映画音楽を手がけた経験と、ゲスト・ボーカルとして参加した蓮沼執太フィルのメンバーである権藤知彦、石塚周太、Jimanicaらの参加によって広がった音楽性を感じることができる。木下らしさを保ちつつもジャズ、ハウス、ヒップホップ、フォークなどさまざまなバリエーションを持った全9曲を収録。

『それからの子供』/木下美紗都

110629-headz-main_2.jpgのサムネイル

WEATHER 051 / HEADZ 151
価格:2,500円
発売日:2011年7月20日
Amazonで購入する

  1. 彼方からの手紙(new version)
  2. ショートホープ
  3. アイドルサウンズ
  4. 普通の女の子(new version)
  5. セーラー
  6. ユニフォーム
  7. 祝日
  8. とんだボール
  9. カーブ
  • 作詞、作曲、編曲、演奏、録音、ミックス:木下美紗都
  • ドラム録音: 石塚周太 at AFTER BEAT
  • マスタリング:益子樹
  • 参加ミュージシャン:
    石塚周太(E.Guitar他)
    権藤知彦(Euphonium)
    Jimanica(Drums)
    千葉広樹(E.Bass, Wood Bass & Violin)
    手島絵里子(Viola)

TUNECORE JAPAN