鬼才ベーシスト、マシュー・ギャリソンが丸の内でライヴ

NEWS by 編集部 2011/05/10

110510_Matthew-main

ホイットニー・ヒューストン・バンドのレギュラー・メンバーであり、ハービー・ハンコック、ジョン・マクラフリンのグループや”ザヴィヌル・シンジケート”に参加していたことでも知られるエレクトリック・ベースの鬼才、マシュー・ギャリソンが来日し、東京・丸の内のコットンクラブで3夜にわたるライヴを行う。

マシュー・ギャリソンは今回、晩年のジョー・ザヴィヌルの友人でありシンセサイザーの音をプログラミングしていたキーボード・プレイヤーのスコット・キンゼイと、デヴィッド・サンボーン・グループのドラマーであるジーン・レイクとのトリオで登場する。百戦練磨の凄腕メンバーによる白熱のセッションに期待しよう。

PETER WHITE & MINDI ABAIR(ピーター・ホワイト&ミンディ・エイベア)来日公演

TUNECORE JAPAN