ヤマハ新製品発表会レポート:DTXシリーズの新作エレドラ、カポールを使用したドラムセット、エレアコAPX/CPXシリーズの新モデルなどが登場

NEWS by 編集部 2011/04/26

4月26日、ヤマハの製品発表会が行われ、多数の新製品がお披露目となった。5年ぶりにモデルチェンジを行ったエレアコ「APX/CPXシリーズ」をはじめとしたギター/ベース製品のほか、全てのタムとスネアに「DTX-PAD」を使用したエレドラ「DTX750K/DTX700K」、カポールを素材にしたアコースティック・ドラム「CLUB CUSTOM」、そしてシンセサイザー「MOTIF XS」のサウンドを継承した「MOX6/MOX8」などが発表された。

スティーブ・ジョーダンと共同開発、
ヴィンテージと新技術が融合した新ドラム「CLUB CUSTOMシリーズ」

110426-yamaha-2.jpg

ヤマハドラムのフラッグシップ・モデル「PHX」で採用され、その鳴りの良さを実証した木材「カポール」を、すべてのシェルに使用した「CLUB CUSTOMシリーズ」は、理想的なレゾナンスを生み出し、暖かい音色を表現している。

本モデルは、スティーブ・ジョーダンが「リクエストをして出来上がった」モデルで、彼は特に、外装のスワールフィニッシュに「一番グッと来た」とコメントしている(ヤマハ製品ページ参照)。スワールフィニッシュは一見カバリングのようにも見えるが、実は職人がひとつひとつ手作業で塗装しており、ヴィンテージ感あふれる仕上げとなっている。色はその他、マット仕上げのマットウッドフィニッシュ(受注生産品)2色があり、合計5色展開。

デモ演奏を行ったザック・ボンドは、響きのユニークさ、どんなジャンル/シーンでも活躍できるポテンシャルの高さを評価した。

CLUB CUSTOMシリーズ

バスドラム
価格:99,750円~119,700円
フロアタム
価格:60,900円~67,200円
タムタム
価格:37,800円~46,200円
スネアドラム
価格:50,400円

110426-yamaha-10.jpg

新たに開発された音源と「DTX-PAD」搭載のエレドラ「DTX750K/DTX700K」

DTX750K/DTX700Kは、「DTX700」という新開発のドラムトリガー・モジュールを使用しており、アコースティックドラムはもちろん、パーカッションやデジタル・エフェクト・サウンドなど計1,396音色を搭載している。
ドラム音源については、他のドラムシェルとの共鳴音までも表現しており、よりリアルな演奏感覚を得られる(共鳴の解除も可能)。そしてDTX900同様、USBメモリを接続してオーディオファイルの読み込みも可能だ。

110426-yamaha-3.jpgヤマハが独自に開発した「テクスチャード・セルラー・シリコン・ヘッド」を打面に使用している「DTX-PAD」は、昨年3月に発売されたフラッグシップ・モデルのDTX950K/DTX900Kに搭載されており、今回の製品にも採用された。
DTX750Kにはすべてのタムに「XP80」とシンバル3枚、DTX700Kには新開発の7インチのDTX-PAD「XP70」とシンバル2枚がセットとなっている。

DTX750K

価格:325,500円
発売日:6月20日

DTX700K

価格:226,800円
発売日:6月20日

MOTIF XSのサウンドエンジンを搭載、軽量化も実現したMOX6/MOX8

110426-yamaha-4.jpg

シンセサイザーの新機種「MOX6/MOX8」は、MOTIF XSの音色を完全移植し、1,217音色を搭載。パフォーマンス・モードでは最大4つの音色を重ねて、オケにあわせたりドラム/ベースのバッキングに合わせたりといった幅広い演奏に対応する。
MOX6には新開発のセミウェイテッド鍵盤を使用し、軽く滑らかなタッチを実現している。

また前モデルに比べ30%の軽量化を実現。『MOX6』は7.0kg、『MOX8』は14.8kgと、女性でも楽に持ち運びできる。

デモ演奏には、ライブでMOXを使っているというキーボーディストのGakushiが登場し、MOXの多彩な音色と表現の幅広さをアピールした。

MOX6(61鍵)/MOX8(88鍵)

110426-yamaha-8.jpg

価格:オープンプライス
発売日:5月16日

新プリアンプを搭載、ピックアップもグレードアップしたエレアコ「APX/CPXシリーズ」

110426-yamaha-1.jpg

APX/CPXシリーズ5年ぶりのモデルチェンジにより「APX500II/700II/1000」「CPX700II/1000」が登場した。APX500IIはアンダーサドル型自社製ピエゾピックアップ、APX700II/CPX700IIは「A.R.T.(Acoustic Resonance Transducer:アコースティック・レゾナンス・トランスデューサー)」ピックアップ、APX1000/CPX1000は「SRT(Studio Response Technology:スタジオ・レスポンス・テクノロジー)」システムをそれぞれ採用している。
またAPX700II、APX1000では、指板の形状を最高音部の一部がサウンドホールに突き出ているという、APXシリーズ初期モデルにも採用されていたデザインとなっている。

演奏を行った田中彬博は、APX700IIについて「ハコ鳴り感がリアル。リズムを取るためにボディを叩く音も取れるのが良い」とコメントした。

APXシリーズ

APX500II(NT/BL/OVS)
価格:42,000円
発売日:5月1日
APX500II(RM)
価格:42,000円
発売日:6月1日
APX700II(NT/BL/VS)
価格:65,100円
発売日:5月1日
APX700II-12 (NT)(12弦)
価格:73,500円
発売日:5月1日
APX700IIL(NT)(レフトハンド)
価格:73,500円
発売日:5月1日
APX1000(CRB/PW)
価格:99,750円
発売日:5月1日(日)
APX1000(NT/MBL)
価格:99,750円
発売日:6月1日

CPXシリーズ

CPX700II(NT/BL/SDB)
価格:65,100円
発売日:5月1日
CPX700II-12(NT)(12弦)
価格:73,500円
発売日:5月1日
CPX1000(NT/UM)
価格:99,750円
発売日:5月1日
CPX1000(TBL)
価格:99,750円
発売日:6月1日
CPX1000(BS)
価格:99,750円
発売日:7月25日

フラメンコ・ギター CG182SF

110426-yamaha-5.jpg

入門者に最適なモデル。

価格:52,500円
発売日:5月1日

ミニ・フォークギター JR2

FGシリーズをモチーフにしたミニギター。専用ギグバッグ付き。

価格:18,900円
発売日:6月1日

110426-yamaha-11.jpg

エレクトリック・ギター PACIFICA120H

ロック系ギタリスト向きのエレキギター。

価格:38,850円
発売日:5月1日

ビリー・シーンモデルのハードロック・ベース ATTITUDE LTD3

110426-yamaha-9.jpg

MR.BIGのベーシスト、ビリー・シーンのアーティスト・モデル。BB2000シリーズでも採用されている木材処理技術A.R.EとI.R.A処理が施されており、アタック感やサステイン、ボディ鳴りの特性が向上している。

価格:367,500円
発売日:5月1日

ブラックのピックガードが特徴的なベース BB425X/424X

110426-yamaha-6.jpg

BBシリーズ・ベースのピックガード付きモデル。

BB425X
価格:75,600円
発売日:5月1日
BB424X
価格:68,250円
発売日:5月1日

パワードスピーカー DSRシリーズ

110426-yamaha-7.jpg

満を持して登場したパワードスピーカーのフラッグシップ「DSRシリーズ」は、48-bit DSP搭載の高音質、132~138dB SPLの高音圧、パワーサプライ/パワーアンプ/スピーカーユニットのすべてをDSP制御することで音質を制御する信頼性が特長となっている。

DSR112
価格:141,750円
DSR115
価格:152,250円
DSR215
価格:173,250円
DSR118W
価格:126,000円
発売日(全モデル):4月1日

TUNECORE JAPAN