[ローランド新製品発表会レポート] V-Piano GrandやV-Drums、Loop Station最新モデルがラインアップ

NEWS by 編集部 2011/02/08

2月8日(水)、ローランドの新製品発表会が行なわれた。デジタル・ピアノV-Piano Grandのほか、新開発のキック・パッドとVシンバルを搭載したV-Drums、1月のNAMM Showでコンテストも行なわれたLoop Stationの最新モデルRC-3/RC-30、ギター・シンセのGR-55、シンプル設計のオーディオ・インターフェースDUO-CAPTURE/TRI-CAPTUREなど多くの製品が登場した。

V-Piano Grand | RD-300NX | ATELIER Combo AT-350C | V-Drums | GR-55 | Loop Station RC-3/RC-30 | CUBE BASS | TRI-CAPTURE/DUO-CAPTURE | UM-ONE

専用に最適化したV-Piano音源とサウンド・システムで
表現力を発揮したV-Piano Grand

110208-roland-3.jpgV-Piano音源を搭載し、グランド・ピアノを構成する物理要素をもとにしたサウンド・デザインを行なったV-Piano Grandは、新開発のサウンド・システムを採用したことにより、ピアノの音成分を本体の最適なエリアで再生、奥行きと広がりのあるサウンドを実現している。
また、演奏者の繊細なタッチを音色に伝えるPHA IIIアイボリー・フィール鍵盤やアコースティック・ポジション搭載の鍵盤蓋で、アコースティック・ピアノに慣れた演奏者でも違和感なく演奏が可能だ。
ローランドでは、本製品を有名ピアニストが演奏するコンサート・ツアーを行なう予定で、2月は21日(月)に大阪、23日(水)に東京での公演が決定している(コンサートの詳細はこちら(Roland):http://www.roland.or.jp/activity/seminar/newstyleconcert2011/index.html)。

V-Piano Grand

デジタル・ピアノRDシリーズの新ラインアップ、RD-300NX

RD-700NXに搭載されたSuperNATURAL Piano音源を採用しているRD-300NXは、コンパクトながら高品位な音色を持つステージ・ピアノ。17.5kgと軽量で、スタジオやライブハウスなどの持ち運びにも便利だ。

110208-roland-4.jpgRD-300NX

3月下旬発売予定

オープン価格

2段鍵盤と豊富な内蔵音源を持つ
コンボ仕様のミュージック・アトリエATELIER Combo AT-350C

ATELIER Combo AT-350Cは、ライブ使用に最適化されたモデル。バーチャル・トーンホイール音源とSuparNATURAL音源などを搭載し、足鍵盤を合わせた3段の鍵盤とスプリット/レイヤー機能による本格的なオーケストラ・サウンドを展開できる。

110208-roland-5.jpg

ATELIER Combo AT-350C

3月下旬発売予定

価格:365,400円

キック・パッド/Vシンバルを新開発したV-Drums、
V-Tourシリーズは音源モジュールもアップグレード

V-Drumsの新モデルはV-TourシリーズにTD-9KX2-SとTD-9K2-S、V-CompactシリーズにTD-4KX2-SとTD-4K2-Sの計4モデルが登場した。取り付けが簡単でリアルな踏み心地を実現したキック・パッドKD-9と、クラッシュとライドをそれぞれ専用に設計したVシンバルCY-12C/CY-13Rを採用している。
V-TourシリーズのTD-9KX2-SとTD-9K2-Sは、音源モジュールTD-9をバージョン2にアップグレード。30の音色を追加したほか、MP3再生にも対応しており、曲に合わせての練習やバッキング・トラックの再生に役立つ。

110208-roland-7.jpg

デモ演奏を行なったドラマーの長谷川浩二は「叩いていてストレスを感じない。シンバルも思ったところで止まってくれるし、ベードラのパッドを踏む感じも小気味良い。生ドラムのような自然な揺れを感じる」とコメントした。

また、2月下旬にローランドより無償公開される予定のWEBアプリケーション「V-Drums Friend Jam」は、パソコンとV-DrumsをUSB接続することでオンライン・トレーニングができ、その結果をデータ化、世界中のユーザーと照合してランキング形式で表示するなどの機能をもつ(右画像は「V-Drums Friend Jam」画面)。

V-Drums

110208-roland-6.jpg

すべてオープン価格

シンセ・サウンドとギター・モデリングが融合した
次世代ギター・シンセGR-55

ギター・シンセGRシリーズの新モデルGR-55は、シンセ・サウンドとCOSMギター・モデリングを搭載し、3種のサウンド・スタイルから選べる270種類(ギター・モード)のプリセット・サウンドを装備している。ベース用モードも搭載。
デモ演奏を行なったSyu(ガルネリウス)は、「レイテンシーフリーで普段と弾き心地が変わることなく、そこにシンセの音を足せるという点でまったく新しい楽器だと思う」とコメントした。

110208-roland-8.jpg

GR-55

オープン価格

110208-roland-1.jpg

録音時間が16分→3時間に大幅アップ!
BOSS Loop Station RC-3/RC-30

NAMM Show 2011でコンテスト「Loop Station World Championship」も開催されたLoop Stationに新モデルRC-3(コンパクト・タイプ)/RC-30(ツイン・ペダル・タイプ)が登場した。最大3時間、99種類のステレオ・ループ・フレーズを記録でき、フレーズの長さ・数を気にせずにパフォーマンスが可能となっている。また、USB接続でWAVファイルをインポート/エクスポートできるので、DAWなどで作成したフレーズを取り込むこともできる。
(右写真:Loop Stationのデモ演奏を行なったジャズ・ボイス・パーカッショニスト北村嘉一郎)

110208-roland-2.jpgLoop Station RC-3/RC-30

すべてオープン価格

CUBE BASSシリーズの新ラインアップ
CB-120XL/CB-60XL/CB-20XL

小型/高性能/高音質のコンセプトを継承しつつ、ベース専用のエフェクトやアンプ・タイプを装備したCUBE BASSシリーズの新モデルが登場した。1オクターブ下の音を加える新エフェクトのPOLY OCTAVEや、LOOPER機能も搭載。シーンに合わせて3モデルから選べる。

110208-roland-9.jpgCUBE BASS

すべてオープン価格

TRI-CAPTURE

USBオーディオ・インターフェース
4月発売予定

オープン価格

110208-roland-10.jpg

DUO-CAPTURE

USBオーディオ・インターフェース
3月発売予定

オープン価格

UM-ONE

1IN/OUTのUSB MIDIインターフェース
3月発売予定

オープン価格

同日開催されたイベントの模様は、RolandのVR-5を使い、Ustreamでも配信された。

110208-roland-11.jpg

問い合わせ

ローランド:http://www.roland.co.jp/
ローランド お客様相談センター TEL: 050-3101-2555

TUNECORE JAPAN