伝説のフォークシンガー、ランブリン・ジャック・エリオットが37年ぶりに来日

NEWS by 編集部 2011/02/23

孤高のフォーク・シンガーにして今なお現役で歌い続ける生きる伝説、ランブリン・ジャック・エリオット(Ramblin’ Jack Elliott)が、この春、37年ぶりに来日し、横浜、東京、京都でライブを行う。

※追記(2011年4月1日):東北地方太平洋沖地震の影響により、ランブリン・ジャック・エリオットの来日は中止となりました。

ランブリン・ジャック・エリオットは、フォークの神様ウディ・ガスリーと共に放浪の旅をして暮らした唯一の継承者。若き日のボブ・ディランに絶大な影響を与え、ディラン自身が「ジャック・エリオットの息子」と公言するほどの、アメリカン・フォークミュージックシーンにおける最重要人物だ。ジョー・ヘンリーをプロデューサーに迎えた最新作『A Stranger Here』では2度目のグラミー賞を受賞した。

今回は横浜、東京、京都の3都市を巡るツアーで、東京では上野公園で開催されるイベント「ウォッチング・ザ・スカイ 2011」への出演となる。御年79歳でのライブ。これは見逃せない!

ランブリン・ジャック・エリオット 来日ツアー2011

※追記(2011年4月1日):東北地方太平洋沖地震の影響により、ランブリン・ジャック・エリオットの来日は中止となりました。

【横浜】

  • 日時:2011年4月22日(金) 19:00 Open / 20:00 Start
  • 会場:サムズアップ(横浜市西区南幸2-1-22 相鉄Movil3F)
  • 出演:ランブリン・ジャック・エリオット、友部正人
  • チケット:前売7,000円+オーダー
  • 問い合わせ:サムズアップ(電話:045-314-8705)

【東京】ウォッチング・ザ・スカイ 2011

  • 日時:2011年4月24日(日) 13:00 Open / 13:30 Start
  • 会場:上野水上音楽堂(東京都台東区上野公園)
  • 出演:ランブリン・ジャック・エリオット、曽我部恵一、アン・サリー、おおはた雄一、オーヴァー・ザ・ライン
  • チケット:前売6,000円(全自由/整理番号付/再入場可)
  • ウォッチング・ザ・スカイ 公式サイト:http://www.wts-fes.com/

【京都】

  • 日時:2011年4月25日(月) 18:00 Open / 19:00 Start
  • 会場:磔磔京都市下京区富小路仏光寺下がる
  • 出演:ランブリン・ジャック・エリオット
  • チケット:前売7,000円+オーダー
  • 問い合わせ:磔磔(電話:075-351-1321)

ランブリン・ジャック・エリオット プロフィール

1931年、ニューヨーク州ブルックリンに生まれる。

父の後を継いで医者になることを希望する家族の猛反対を受けながらも、ロデオの道を志すために15歳で家出してしまう。ワシントンDCのロデオで馬の世話係をしつつ、ロデオショーの道化師からギターと歌を習う。その後一旦家に戻るも、ウッディ・ガスリーの歌をラジオで聴いたのをきっかけに、ウッディに会いにいくために再度家を出る。憧れのフォーク・シンガー、ウッディ・ガスリーと放浪の旅が始まる。ガスリーと寝食を共にし、音楽を学んだ。その後全米各地を回る旅の人生を送る傍ら、ニューヨークではビートの創始者であるジャック・ケルアックとの親交を深め、またカリフォルニアでは俳優のジェームス・ディーンらとの親交を深めた。

イギリスを始めヨーロッパでも人気となり、各地の音楽シーンで大きなカルチャーショックとともに迎えられる。若き日のボブ・ディランに多大な影響を与えるなど、数多くの伝説を作り上げてきた。

結果1998年には、アメリカの文化功労賞ともいえる “National Medal of Arts Award”を受賞し、”フォークの神”とも称される偉大な、アメリカの国民的アーティストといえる存在になっている。

5回ものグラミー賞ノミネート経験を持ち、これまでに2度受賞している。

TUNECORE JAPAN