Jimanica、2枚目のアルバム『Pd』 OVALによるリミックス曲も収録

NEWS by 編集部 2010/10/26

d.v.d、World’s End GirlfriendのドラマーJimanicaの5年ぶりソロ・アルバム『Pd』が11月17日(水)に発売される。

今作『Pd』では、ドラムを初めとするすべての楽器の演奏/作曲/エディット/ミックスを自分の手で行っており、ポップでありながら挑戦的なサウンドとなっている。メイン・ボーカリストにはannayamada(ヤマダアンナ)が参加、そして先日東京・京都での来日公演も大盛況となったOVALによるリミックス曲も収録。

また、同日に発売されるやくしまるえつこのニュー・シングル『COSMOS vs ALIEN』に収録のカップリング曲「なんちゃって・ザ・ワールド」「ウールはゆっくり夢を見るか?」はJimanicaによる編曲・ドラム演奏。

101025-jimanica-cd.jpg

『Pd』
Jimanica

WEATHER 046 / HEADZ 146
価格:2,500円
発売:11月17日(水)
WEATHER
HEADZ

Amazonで購入する

  1. Call me “A”
  2. Fu La Da Di Da
  3. Sour Boy
  4. Enzo
  5. Here is not where you should come
  6. White Neighbor
  7. Over the Cherry
  8. Pitz at chu goat
  9. Mr. C side
  10. Over the Cherry (OVAL remix)

Jimanica

1975年、東京都出身。武蔵野美術大学映像学科卒業後、渡米。 2000年の帰国後、ラップトップPCのみでエレクトロニカ・ソロ・ユニットとして演奏を開始。ドラマーとしての活動から更にプログラミング・コンポーズへと視野を広げる。2005年、ドラムとミニマルな電子音のみで構成された昆虫ソロ・アルバム『Entomophonic』(mao)をリリース。2007年にAmetsub(PROGRESSIVE FOrM)とのデュオ・ユニットJimanica : Ametsubを結成、ミニ・アルバム『Surge』をリリース。また、渋さ知らズの不破大輔・辰巳光英らとのエレクトロ無重力ジャム・バンド The Space Baaを始動、2009年にアルバム『with love from a planet』をリリース。同じく2009年にd.v.dにシンガー やくしまるえつこを迎えた新ユニット、やくしまるつことd.v.dを結成、ミニ・アルバム『Blu-Day』を発表。同ユニットでのライブも開始。サポートとしてDE DE MOUSEやWorld’s End Girlfriend、蓮沼執太などのバンドに在籍。アメリカ南部のカントリーブルースをベースに独自なスタイルで活動するシンガー Steve Gardner bandにも参加するなど、電子音楽からアコースティック系まで幅広く活動。
近年ではフルカワミキのリミックス曲提供ややくしまるえつこのシングル曲のアレンジなど、コンポーザーとしても注目を集める。

 

TUNECORE JAPAN