片岡雄三カルテットが4年ぶりとなる二作目のアルバムをリリース!

NEWS by サックス&ブラス・マガジン編集部 2010/09/16

skip_2016

サックス&ブラス・マガジン付属CD音源の演奏でもお馴染みのトロンボーン奏者、片岡雄三率いるカルテットが、二枚目のアルバムをリリースします。

サックス&ブラス・マガジン付属CD音源の演奏やEM Bandなどで幅広く活動するトロンボーン奏者、片岡雄三率いるカルテットが、2010年9月20日に二枚目のアルバム『片岡雄三QUARTET』を発表します。

2006年にリリースされた一作目よりも、個々のプレイヤーが持つ個性が強調され、トロンボーンの音色やフレーズ使いの自由度が高まった作品になっています。

収録曲はオリジナル2曲のほか、映画『黒いオルフェ』の主題歌である「A Felocidate」や「I’m Getting Senitimental over you」など、計9曲。

9曲目の「Air」では、片岡の妻であり、多方面で活躍中のバス・トロンボーン奏者でもある山城純子と共演。夫婦ならではの息の合った演奏も聴きどころのひとつです。

 

*『片岡雄三QUARTET』収録曲

M4、M9はオリジナル。

1:I’m Getting Sentimental Over You

2:Jitterbug Waltz

3:The Very Thought Of You

4:Turkish Train

5:Day By Day

6:A Felicidade

7:All The Way

8:The Way You Look Tonight

9:Air

TUNECORE JAPAN