スリー・ディグリーズが11月に来日、往年のディーバたちによるヒット曲満載のステージ

NEWS by 編集部 2010/08/27

1970年代に一世を風靡したフィリー・ソウルを代表する女性ヴォーカル・トリオ、スリー・ディグリーズが2010年11月に来日し、東京丸の内のCOTTON CLUBで3夜にわたる公演を行う。

スリー・ディグリーズ(THREE DEGREES)が結成されたのは’63年。’73年にフィラデルフィア・インターナショナル・レコーズと契約し、同レーベル初の女性グループとしてデビューしたあとは「荒野のならず者」や「天使のささやき」、コーラスを担当した「ソウル・トレインのテーマ(TSOP)」などが大ヒット。これぞディーバと呼ぶにふさわしい、その甘く可憐でセクシーな歌声によって、フィラデルフィア発のソウル・ミュージックを世界各国に広めた。また「苦い涙」、「ミッドナイト・トレイン」という日本制作の曲もある。

以降も黄金期のメンバーであるヴァレリー・ホリデイを中心に、ツアーやレコーディング活動を続行中。今回の来日公演は、彼女たちの輝かしいヒット曲を満載したステージになりそうだ。

スリー・ディグリーズ 来日公演

  • 日時:2010年11月29日(月)〜 12月1日(水)
  • 会場:ライブ・レストラン COTTON CLUB (東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA 2F)
  • 出演者:Helen Scott(vo), Valerie Holiday(vo), Cindy Garrison(vo), 他メンバー未定
  • ミュージック・チャージ:8,400円
  • ショウタイム:7:00pm & 9:30pm
  • 予約・問い合わせ:03-3215-1555 COTTON CLUB
    (受付時間:11:00am – 11:00pm ※日・祝のみ11:00am – 9:00pm)
  • 公演の詳細:http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/threedegrees/


大きな地図で見る

TUNECORE JAPAN