GROOVE的フジロックの過ごし方:3日目8/1(日)

NEWS by 編集部 2010/08/20

GROOVEによる理想的な3日間の過ごし方を解説。基本的にダンスミュージックを追いかけつつ、意外な穴場や休憩スポット、注意点などを紹介します。
 フジロック最終日。この日はのんびりしていられない。最後の力を振り絞って、とにかくライブをできるだけ見ることに徹したい。朝食には苗場食堂の麦とろご飯がオススメ。弱った胃に染み渡り、お腹の調子も整えてくれるでしょう。
 まずはホワイトステージに直行し、MAT & KIM(11:50)へ。それからフィールドオブヘブンに移動しMOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO(13:00)→OZOMATLI(14:30)を堪能。ここは後半に備えて座りながらのんびりと見たいところだ。
 ホワイトステージのRIDDIM SAUNTER(15:00)をチラ見しつつグリーンステージのVAMPIRE WEEKEND(15:40)へ。ここからはホワイトステージのFOALS(16:40)を選び、グリーンステージへ移動してBOOM BOOM SATELLITES(17:20)→ホワイトステージへ戻りLCD SOUNDSYSTEM(18:20)という流れか。もしくはレッドマーキーのBUFFALO DAUGHTER(16:40)を選んで、グリーンステージへ移動してBOOM BOOM SATELLITES(17:20)→レッドマーキーに戻ってHOT CHIP(18:20)という流れか。お目当てのライブが重なっている時間帯は、全部見ようと欲張ったがために”移動に時間が取られて結局どれもまともに見られなかった”というハメにならないよう、どれかをバッサリと切り捨てる判断も必要だ。
 日が落ちたところで、ワールドレストランでご飯を買いグリーンステージでATOMS FOR PEACE(21:30)を見ながら腰を落ち着かせたい。まだ元気がある人は、ホワイトステージのIAN BROWN(20:20)→MASSIVE ATTACK(21:30)→BELLE AND SEBASTIAN(22:10)とステージ間の往復をしてライブを網羅するか、どれか1つのステージに落ち着いて過ごすか。最後はもちろんグリーンステージのスペシャルゲスト、SCISSOR SISTERS(23:40)で何も考えずに騒ごう。全ステージが終わったらジョン・レノンの「Power To The People」を大合唱がお決まり。
 夜は苗場名物の”もち豚”を食べたり、仲間と飲んだりしつつ、レッドマーキーのY.Sunahara(2:30)→RASMAS FAVER(3:30)で朝を迎える。
 以上がGROOVE的フジロックの過ごし方。何を見ようか迷ったら参考にしてもらえたら幸いだ。おのおのの体力と相談しながら、3日間を思いっきり楽しんで欲しい!

TUNECORE JAPAN