桃太郎電鉄のイラストが描かれた「桃鉄ウクレレ」、受注販売開始

NEWS by 編集部 2010/08/17

momotetsu_ukulele-main

ハドソンのゲーム「桃太郎電鉄」のイラストが描かれた「桃鉄ウクレレ」の受注販売が、通販サイト「桃鉄物産館」で開始された。

「桃鉄ウクレレ」は、桃太郎電鉄の音楽を担当しているサザンオールスターズの関口和之氏がプロデュースしている「ウクレレピクニック・インハワイ」の協賛をきっかけに作られたウクレレだ。

製作を行ったのは、国内外の有名高級ブランドの楽器を多数供給しているティーズギター。同社のソプラノウクレレ「SD-100」にペイントしたものなので、音色も作りも保証付き。ボディとネックはマホガニーで、指板とブリッジはローズウッド、ペグは後藤ガット製だ。そしてイラストは、桃鉄のキャラクターデザインを担当している土居孝幸氏の手によるものとなっている。

完全受注販売で、注文は桃太郎電鉄関連の商品を扱っている携帯用通販サイト「桃鉄物産館」で行える。価格は52,500円。

なお、桃鉄史上初のタッグマッチモードを搭載したPSPソフト『桃太郎電鉄タッグマッチ〜友情・努力・勝利の巻!』も、7月15日に発売されたばかり。このソフトに加え「さくまもりセット」と「桃鉄20周年記念CD『歌合戦』」が付いた福袋(5,460円)も、桃太郎物産館で数量限定発売されている。

TUNECORE JAPAN