FUJI ROCK FESTIVAL’10  管楽器ファンへのオススメアーティストをピックアップ!

NEWS by サックス&ブラス・マガジン編集部 2010/07/07

green_1-thumb-650xauto-24508

国内外から約200ものアーティストを集めて行われる日本最大規模の音楽フェス”FUJI ROCK FESTIVAL’10″が、いよいよ2010年7月30日(金)から8月1日(日)の3日間にわたって行われます。

国内外から約200ものアーティストを集めて行われる日本最大規模の音楽フェス”FUJI ROCK FESTIVAL’10″が、いよいよ2010年7月30日(金)から8月1日(日)の3日間にわたって行われます。

サクブラ的要注目アーティストは下記の面々。会場に行かれる方はぜひチェックを!

※アーティスト名のあとの()内は、日程とステージ名です。

 

■ロキシー・ミュージック(2日目/GREEN STAGE)

Roxy_Music.jpg

1971年に結成されUKロックシーンの全盛期を支えたバンド、ロキシー・ミュージック。今回は結成当時からのメンバーであるアンディ・マッケイ(sax)も来日します。彼らの演奏を生で観ることができるレアなチャンス! ぜひステージに足を運んでくださいね。

 

 

■トロンボーン・ショーティ&オーリンズ・アヴェニュー(2日目/FIELD OF HEAVEN)Trombone_Shorty.jpg

トロンボーン・ショーティは、グリーンデイやU2など、名だたるアーティストとも共演している24歳のトロンボーン・プレイヤー。今年、初のソロ・アルバムを発売し今後さらなる注目を集めること必至の彼が、自身のバンドを従えてついに日本初上陸!

 

 

■EGO-WRAPPIN’ THE GOSSIP OF JAXX(2日目/ORANGE COURT)

 

ego.jpg 

 

昭和歌謡とジャズ、現代的なセンスを融合させたサウンドが特徴のEGO-WRAPPIN’。彼らを強力にバックアップするのが、武嶋聡(sax)、川崎太一朗(tp)を擁する”THE GOSSIP OF JAXX“。実力派若手ホーン・プレイヤーによる演奏が夜の苗場を盛り上げます。

 

 

■NARUYOSHI KIKUCHI DUB SEXTET(3日目/ORANGE COURT)

dub_sextet.jpg

大学講師や文筆家など、多数の顔を持つサックス奏者、菊地成孔を中心に結成されたダブ・セクステット。他のどのバンドにもない、独特の音と雰囲気はぜひライブで体感してほしいところです。菊地との2ホーンを務めるのは、こちらも独自の世界を確立するトランペッターの類家心平

 



■MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO(3日目/FIELD OF HEAVEN)MochaKili.jpg

カルロス(sax)、テムジン(tp)をフロントに据えた埼玉発の疾走するインスト・バンド”MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO“。60〜70年代のブラックミュージックをベースとした、クールかつ大胆なサウンドがウリの要注目のバンドです。

 

この他にも、OZOMATLI!!!(チックチックチック)など、管楽器が参加するバンドがまだまだ登場するので、アーティストリスト、タイムスケジュールを睨めっこしながら、思う存分フェスを堪能してくださいね。

タイムスケジュールなど、FUJI ROCK FESTIVAL’10の詳細は、オフィシャルサイトから確認してみてください。

 

 

TUNECORE JAPAN