「ブレイソフォン」のジョージ・ブレイスが来日@8/6(金)モーション・ブルー・ヨコハマ

NEWS by 編集部 2010/07/05

breiso-main

ストレート・アルト・サックスとソプラノ・サックスを溶接でつなげたオリジナル楽器「ブレイソフォン」を携え、独自のサウンドを追求し続けるジョージ・ブレイスの来日ツアーが決定。8月6日(金)のモーション・ブルー・ヨコハマで、御年70歳となる彼の独自のサウンドスタイルを目の当たりにできる。

今回、アルバムの参加などで80年代から親交を深める小林陽一ほかとともに公演を行う。

GEORGE BRAITH QUARTET Japan Tour 2010

2010年8月6日(金)
モーション・ブルー・ヨコハマ
横浜市中区新港1-1-2   横浜赤レンガ倉庫2号館3F

ジョージ・ブレイス(George Braith)

1939年N.Y.出身。’63年ブルーノートより初リーダー作『Two Souls in One』を発表。続いて、『Soul Stream』、『Extension』を発表し、一躍その名を知られる存在となる。これまでの共演者にはロイ・ヘインズ(ds)、ウィルバー・ウェア (b)、グラント・グリーン(g)、ビリー・ガードナー(org)など錚々たるアーティストが多数。ストレート・アルト・サックスとソプラノ・サックスを溶接でつなげたオリジナルの”ブレイソフォン”で独自のサウンドを追求し続けている。

soulstream-george.jpgソウル・ストリーム/ジョージ・ブレイス

価格:2,345円
EMIミュージック・ジャパン

Amazonで購入する

TUNECORE JAPAN