今号はCD連動記事が盛りだくさん!『ウクレレ・マガジン Vol.4』が6/15発売

NEWS by 編集部 2010/06/10

100609_um

ウクレレの奏法や、バイヤーズガイドといった製品紹介、アーティストのインタビュー、楽器やハードウェアに関することなど、さまざまな情報を盛り込んだ専門誌『ウクレレ・マガジン』の第4弾が、いよいよ6月15日に発売される。

『ウクレレ・マガジン Vol.4』
A4変型判/152ページ/CD付き/1,575円
2010年6月15日発売
最新号の紹介はこちら

今号は、昨年秋にデビュー10周年を迎え、ますます活躍の場を広げているつじあやのの特集に、インタビューは押尾コータローウクレレえいじ勝誠二。また、高田漣によるウクレレ・バイヤーズ・ガイドや、コアロハSongbirdしいはらウクレレといったブランド紹介、そして自分でできるメインテナンスのノウハウなど、ウクレレに関する情報が満載。

ここでは、少々その中身をご紹介しよう。

100609_um04_tuji.jpg

▲つじあやの特集は、インタビューと愛用ウクレレ紹介も。そして楽曲の奏法解説という構成。

100609_um_bg.jpg

▲選りすぐりの最新ウクレレが36本大集合のバイヤーズガイド。試奏&ガイドを務めてくれたのは,いろんな種類の弦楽器が弾けるけど、ウクレレが大好きという高田漣。そのほかに、低価格帯のおすすめモデルをラインナップしたコーナーもあり。

100609_um_koaloha.jpg

▲ハワイ取材のコアロハ工房の探訪記。パパ・コアロハことアルヴィン・オカミのインタビューと、ウクレレの製作過程をレポート。また、IWAOによるコアロハ現行製品の試奏コメントも。

▲こちらは取材の際にコアロハ・ファクトリーの面々が演奏してくれた「A dream called hawaii」(パパ・コアロハの曲)。

▲パパ・コアロハが考案した新モデル”Juke-A-lele(ボディがジュークボックスみたいでしょ?)”のサウンド。

100609_um_oshio.jpg

▲インタビューはこちら押尾コータロー(ジェイク・シマブクロとの出会いを語る)ほか、ウクレレえいじ、勝誠二も。また、自分でできるわかりやすいメンテナンス・ノウハウは、専門ショップのアドバイス付き。

そのほか、「理論不要!ドレミではじめるアドリブ入門」と、キヨシ小林のウクレレ・アンサンブル「大きな栗の木の下で」「エンターテイナー」、勝誠二のパフォーマンス「アヴェ・マリア」「そよぎの舞い」がCD連動記事となっており、さらに弾き語りスコアも充実のラインナップ。掲載楽曲などの詳細は、リットーミュージック・ホームページでご確認を。

【関連情報】
ウクレレ・ブランド一覧
ウクレレ関連アーティストWEBサイト一覧

TUNECORE JAPAN