Universal Audioのマイクプリアンプにプラグインシステム「UAD-2 Solo」が付いてくるキャンペーン

NEWS by 編集部 2010/05/06

株式会社フックアップが、2010年5月よりUniversal Audio社のハードウェア製品の取り扱いを開始した。同社はこれを記念し、710 Twin-FinityにUAD-2 Soloを無償で付ける限定特別キャンペーンを実施する。

キャンペーンの内容は、チューブ&ソリッドステートのマイクプリアンプ「710 Twin-Finity」の購入者に、DSPベースのプラグインシステム「UAD-2 Solo」を無償でプレゼントするというもの。

この両方を手に入れることによってユーザーは、自身のシステムのフロントエンドを充実させ、より良いサウンドで録音できる上、その後のミックスやマスタリングの段階でUADプラグインを用いてブラッシュアップさせるという、トータルなサウンド・クリエイトが可能になる。そしてUniversal Audio社のアナログとデジタルの両面も体験できるというわけだ。

このキャンペーンは、2010年5月以降にフックアップから出荷される製品に適用される。また数量限定かつ2010年6月末までの期間限定となる。

詳細はフックアップにお問い合わせを。

問い合わせ:フックアップ 03-6240-1213
http://www.hookup.co.jp/

なお、「710 Twin-Finity」および「UAD-2 Solo」の製品概要は次のとおりだ。

 

710 Twin-Finity

クラシカルでレトロな暖かみのあるサウンドと透明感のあるソリッドステートによるサウンドをブレンドできる、マイクプリアンプ & DIボックス。100%チューブサウンドも、100%ソリッドステートサウンドも得られるうえに、両方をブレンドした場合でも位相差の問題は起きない。マイクロフォンによるボーカルや生楽器の収録はもちろん、ギターやベースなどの収録にも最適。2Uハーフラックサイズの省スペース設計はデスクトップでも手軽に使える。実勢価格は89,800円。

710 Twin-Finity 製品情報

 

UAD-2 Solo

ビンテージなアウトボードをシミュレートしたエフェクトプラグインを、コンピューター本体にほとんど負荷を与えずに使用できるソフトウェアとハードウェアからなるシステム。DSP搭載のUAD-2カードはPCI Expressカードフォーマットで、最大で4枚までの同時使用が可能。現在、30種類以上のプラグインがリリースされており、そのオリジナルの開発会社、Neve、SPL、Roland、Boss、Manley、Fairchild、Pultec、Moog他とライセンス契約しており、回路レベルでそのサウンドをシミュレーションしている。Windows XP以降、またはMac OS X 10.4以降(Snow Leopardの64ビットモードを除く)に対応しており、VST、Audio Units、またはRTASプラグインとして動作。実勢価格は42,000円。

UAD-2 製品情報

 

関連記事:Universal Audioの国内代理店がフックアップに

TUNECORE JAPAN