ジミー・ペイジ本人のギターや衣装が見られる展覧会、郡山市立美術館で5月22日より開催

NEWS by 編集部 2010/04/14

2010年5月22日(土)から7月4日(日)にかけて、福島県の郡山市立美術館にて「スウィンギン・ロンドン’50s-’60s -ビートルズたちが輝いていた時代-」と題された企画展が開催される。

本展は、1950年代から1960年代にかけてロンドンで日常生活に取り入れられた各国のデザイン製品とともに、ファッションや音楽をベースとした若者文化をとりあげ、当時のライフスタイル全般を振り返ろうとするもの。

展示物のうちギター・ファンとしてぜひ見ておきたいのは、ジミー・ペイジ本人が所有するダンエレクトロのギターとヤードバーズ時代の衣装だ(上の画像)。

また当時に流行した楽器やレコードも展示されるほか、6月12日(土)には、シーナ&ロケッツの鮎川誠とシーナによる対談も予定されている。

概要は次のとおり。詳細は公式サイトで。

スウィンギン・ロンドン’50s-’60s -ビートルズたちが輝いていた時代-

●会場
郡山市立美術館

●会期
 2010年5月22日(土)~7月4日(日)

 ●展示作品構成(案)
○当時の生活デザイン用品:ラジオ、TV、レコード・プレーヤー、オーディオ、カメラ、 タイプライター、食器
○スクーター、自動車等
○当時流行の音楽:レコードジャケット、楽器(エレキギター、ベース、アンプ等)
○当時流行のファッション:ドレス、シャツ、ジーンズ、レザー・ジャケット、靴、帽子、アクセサリー等 テキスタイル・デザイン
○グラフィック・デザイン、写真、ポスター、雑誌、等
○現代美術(ポップ・アート)

●関連事業(予定)
○対談:鮎川誠、シーナ、ほか ※6月12日(土)午後2時から

郡山市立美術館 公式サイト

 

TUNECORE JAPAN