早くも夏フェス・シーズン到来!注目のアーティストが続々発表!!

NEWS by 編集部 2010/04/09

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーー!まだ春だけど、俺たちの天国がキターーーーーー!!とパソコンを前に(もしくは携帯を握りしめながら)興奮してないかな? そう、日本の2大夏フェスと呼ばれる、”サマーソニック”と”フジロック”がそれぞれ公式HPにて出演アーティストの発表をスタート。

▼SUMMER SONIC 2010は、8月7日(土)〜8日(日)の2日間、
東京(千葉マリンスタジアム&幕張メッセ)、大阪(舞洲サマーソニック大阪特設会場)にて同時開催。
都市型ロック・フェスティバルとして日本最大級の規模を誇ることで知られる。

100409_SS09.jpg

夏なんてまだまだ先の話と思ってたら、あっという間に夏になりチケットが売り切れてあたふたするっていう毎年恒例のトラップ(地獄)にハマったりすることのないよう、とにかくチケットは早めにゲットしておいた方が得策だ。
でも、フジとサマソニ、両方行けるほどリッチじゃないというキミはどっちのフェスに行くべきか、やっぱり悩むところだよね。そこで、ギター専門誌でお馴染みの『ギター・マガジン』編集部に、3月現在の両フェスの見どころを聞いてみた。

サマソニですが、まずなんと言っても復活後初来日となるスマパン(スマッシング・パンプキンズ)は要注目です。ビリー・コーガンの紡ぎ出す美しい旋律に酔いしれたいですね。次はやっぱりピクシーズ。ブラック・フランシスの感情をむき出しにした激情型サウンド、これは必聴です。ギタリスト/アーティストという意味で大注目なのは、SLASHとオリアンティですね。ソロ・アルバムをリリースしたばかりのSLASHは、アルバムに客演していたアーティストがゲストとしてライヴに飛び入り参加したりするかも(!?)という意味でも期待大です。
そしてマイケル・ジャクソン・バンドの最後のギタリストとして世界的にも注目を浴びているギター・クィーンこと、オリアンティ。彼女の卓越したテクニカル・プレイは、あのスティーヴ・ヴァイでさえもが認めるほどのものですから、ぜひ生で観てみたいです。もちろんドリーム・シアターのジョン・ペトルーシも注目ギタリストです。他にもブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ、SUM41、オフスプリングなどなど、この時点(3月末)ですでにRandoM世代にはバッチリのラインナップではないでしょうか」(『ギター・マガジン』編集部)

100409_frf.jpg

▲FUJI ROCK FESTIVAL’10は、7月30日(金)〜8月1日(日)の3日間、苗場スキー場(新潟県湯沢町)にて開催。
大自然の中、カラダ全体で音楽を感じることのできる大型ロック・フェスティバルとして多くのリピーターが訪れることでもお馴染み。

「次にフジロックですが、真っ先にオススメしたいのは”!!!”(chk chk chk)ですね。前回FRF’07に出演したときはベスト・アクトの呼び声が高かったですし、実際ものすごいパフォーマンスでした。2人のギタリスト、マリオとタイラーのプレイは、何かが憑依したかのような変態的グルーヴ……ある種ギターっぽくないとも言えるプレイが魅力的です。次に注目なのはザ・クリブスでしょう。ジョニー・マーとライアン・ジャーマンという2人のギタリストが繰り出す豪快なサウンドは、”これぞブリティッシュ・ロック”というべき、まさに王道のスタイルです。
ギターと言えば見逃せないのがデレク・トラックス&スーザン・テデスキ・バンド。エリック・クラプトン・バンドを支える実力派ギタリストのデレクですが、奥様であるスーザンとのユニットではどんなサウンドを奏でてくれるでしょうか。きっと珠玉のスライド・トーンが苗場の夜に響き渡ることでしょうね。それ以外にも、注目したい人はたくさんいます。ミューズのマシュー・ベラミーや、ザッパ・プレイズ・ザッパのドウィージル・ザッパ、ゼム・クルックド・ヴァルチャーズのジョシュア・オムなどなど、もう本当にギター・キッズを唸らせるラインナップですよ。
そして最後に大プッシュしたいのが、我らがKen Yokoyama。フジロック出演は久しぶりですし、今のバンド・メンバーでの出演は初めてですから、そういった意味でも期待度大ですね。絡み合うKenとMinamiのギター・サウンドは、パンク・ロックの楽しさを体現してくれることでしょう。まさにギター・キッズ必見のパフォーマンス間違いナシですね。まぁ、とにかくいろいろ話しましたが、とにかくサマソニ派かフジロック派かって聞かれたら、迷わず”両方”って答えますよ。みんなそうでしょ?」(『ギター・マガジン』編集部)

いやー、ちょっと聞いただけなのにこの喋りっぷり……スゴイ。誰も彼もが興奮する夏フェスだけに、今年の夏も絶対にアツイに違いない。さぁ、これを読んでるキミも「夏の天国」に向けて、今から必死に夏フェス貯金スタートだ!

[FUJI ROCK FESTIVAL ’10 公式サイト]

[SUMMER SONIC 2010 公式サイト]

RandoM07_top100.jpg

 

フリー・マガジン
『RandoM』

※楽器店、音楽スタジオ等で無料配布中。

TUNECORE JAPAN