注目の女流ベーシスト=ロンダ・スミスが、ジェフ・ベックとともに来日!

NEWS by BM編集部 2010/03/17

20100317_BC03

プリンスのバンド、ニュー・パワー・ジェネレーションにも参加していた女流ベーシスト=ロンダ・スミスが、来たる4月にジェフ・ベックとともに来日する!

ロンダ・スミスと言えば、かつてはプリンスのバンド=ニュー・パワー・ジェネレーションのメンバーを務めたベーシストで、アルバム『ニュー・パワー・ソウル』(98年)や『n・e・w・s』(02年)にも参加した、知る人ぞ知る名手である。

ソロ・アーティストとしても活動しており、左の写真はロンダのソングライティング・センスと絶妙のベース・プレイが満載された2ndソロ・アルバム『RS2』だ(必聴盤!)。

また、ベース・マガジン2007年1月号では日野”JINO”賢二との誌上スペシャル・セッションも実現し、”ネオ・グルーヴ”とも言える卓越したグルーヴ・ベースを聴かせてくれた。

RM250701B.gif

そのロンダが、来たる4月に来日することになった。しかも、ジェフ・ベック・バンドの一員として、である。ベックのニュー・アルバム『エモーション・アンド・コモーション』にともなうジャパン・ツアーなのだが、近年のベックはタル・ウィルケンフェルドと行動をともにしていたうえに、新作でも数曲でタルを起用しているため、ロンダの参加は意外である。どうやら、ドラマーのナラダ・マイケル・ウォルデンの推薦で、白羽の矢が立ったらしい。ベックの超絶ギターと、ロンダの”ネオ・グルーヴ”は、いったいどんな化学反応を起こすのだろうか……? 実に興味深い。

 

[ジェフ・ベック ジャパン・ツアー]

4/5(月)名古屋 中京大学文化市民会館オーロラホール(問:CBCイベント事業部 /052-241-8118

4/7(水)大阪グランキューブ(問:大阪ウドー音楽事務所/06-6341-4506

4/8(木)兵庫アルカイックホール(問:大阪ウドー音楽事務所/06-6341-4506

4/10(土)JCB HALL

4/12(月)東京国際フォーラム ホールA

4/13(火)東京国際フォーラム ホールA(以上問:ウドー音楽事務所/03-3402-5999

 

TUNECORE JAPAN