ギタリスト鈴木健治らが企てた曲作りプロジェクト、Twitter上でプロ/アマ入り乱れて進行中!

NEWS by 編集部 2010/03/02

今、Twitterを介して「#jibunlabel」という名の曲作りプロジェクトが進行中だ。

#jibunlabelの”首謀者”は、作曲家/音楽プロデューサーの島野聡氏とギタリストの鈴木健治氏のふたり。

まずは島野氏による音源の公開と、「皆様へ。モチーフです。所謂A,Bメロ的な感じで作りました。聴いてみてください。そして自由にいじって下さいな! #jibunlabel」という、Twitter上での呼びかけから始まった。それに反応してボーカリストの浅岡雄也氏が音源にボーカルを重ね、鈴木氏がギターを加えた。

続いて鈴木氏が自分のブログで「誰でも参加OKなのです!」「プロとかアマチュアとか、楽器が出来る出来ないとか、全く関係なしです。」「全く違う曲になっても誰も文句言いません!」と広く呼びかけたことなどにより、多くのプロ/アマが集結。現在は、モチーフをさまざまに変化させた多数の曲が同時に制作進行中であり、譜面のやりとり、レーベル・ロゴの制作なども着々と進んでいる。この先の展開は予測できない状況だ。

本サイトをごらんの方々の中にも、この #jibunlabelに参加したくなる人がきっといるはず。思い立ったらまずはTwitterにアカウントを作り、「#jibunlabel」を検索してみることから始めてみよう。Twitterに不案内な方や、ここまでの経緯を知りたい方には、ブログ「Guitarist鈴木健治〜My music life」内の以下の記事が参考になる。

Twitterで凄いことが起きています。(2010年02月19日)
どんどん広がっています!(2010年02月24日)
#jibunlabel(2010年03月01日)

発端となった島野聡氏の呼びかけと音はこちら。
http://twaud.io/2g9

参加者たちの今現在のやりとりはこちら。
https://twitter.com/#search?q=%23jibunlabel

「ここにNGテイクは存在しません。」「僕らはいつでも扉を開けています。」という健治アニキの言葉を信じて、いざ飛び込んでみよう!

【関連記事】
鈴木健治のギタリスト的Twitter活用術!(ギター・マガジン編集部ブログ)

TUNECORE JAPAN