ケーブルにこだわって音質UP!『電源&ケーブル入門BOOK』

NEWS by 編集部 2010/03/25

サンレコ編集部が自信を持ってお送りする「電源&ケーブル本」の決定版が、小社リットーミュージックから登場。「電源ケーブル」「ライン・ケーブル」「FireWire/USBケーブル」などを強化するためのクリエイター必読本だ。

●エンジニア三好氏が、注目の約170アイテムをレビュー

いくらパソコンやソフト、スピーカー、アウトボードにこだわっても、それらに電力を供給する「電源ケーブル」や、機材同士をつなぐ「ライン・ケーブル」「FireWire/USBケーブル」をないがしろにしていては、良い音源の魅力も半減してしまうだろう。

しかしながら、「ケーブルの世界って何かディープそう……」と構えてしまう人が多いのもまた事実。そんなクリエイターたちに向けて、本書は約170に及ぶ各種ケーブルのカタログ&レビューを掲載。サンレコ本誌でもおなじみエンジニアの三好敏彦氏(DJ KRUSH、中島美嘉、アートスクールなどを手掛ける)が、ケーブル入門者も手の届く低価格なアイテムを厳選して徹底レビュー。ケーブルごとにこれだけキャラがあるのか!と目からウロコの内容だ。

例えば、電源ケーブルであれば、5万円以下の約70本を紹介。ケーブルの音質表、スペック、そして美しい写真(見た目も重要!)でお好みの一本を見つけだしてほしい。さらに、電源コンディショナー、電源タップ、電源アクセサリーといった各種アイテムも総力レビュー。

P016_034_電源ケーブルカタログ.jpgP094_103_ラインケーブルカタログ.jpgUSBケーブルカタログ.jpg 

▲レビューには細かな音質インプレッションに加えてサウンド傾向表も掲載

●ギタリストにもうれしい「高級ギター・ケーブル十番勝負」
打ち込ミストだけでなく、ギタリストにもうれしい「高級ギター・ケーブル十番勝負」ページもスタンバイ。ザ・ピロウズのギタリストであり、Pro Tools使いの真鍋吉明氏が、アンプから鳴らす/ライン録りの2つの尺度から高級ギター・ケーブルをレビューする。低音がパワフルなモノ、音像がビシッと前に来るモノ、レンジが超ワイドなモノなど、ケーブルごとのカラーを楽しんでほしい。

高級ギターケーブル.jpg

▲ピロウズ真鍋氏がリハスタでケーブル十本を”本気チェック”

●「そもそも電源って何?」「ケーブル自作したいんだけど」……そんな方も必見
製品カタログだけでなく、コラム・コーナーも充実。電源の基礎を知るための読み物や、三好氏による自宅の電源システム改善法、ライン・ケーブルの仕組み(バランスとかアンバランスとかの基礎がしっかり学べます)、そしてライン・ケーブルの自作講座まで網羅している。

電源の基礎.jpgケーブル制作.jpg

▲読み物ページも充実!

●あのアーティストも電源好きだった……!!
電源にこだわるアーティストは、実はかなり多い。そんな「電源アーティスト」たちがケーブルについて熱く語り尽くす、他誌では絶対に見られない(当たり前だが)コーナーも用意。熱く語ってくれたのは以下の方々だ。

・奥田俊作(the brilliant green)
・JIN(High Speed Boyz)
・滝善充&中村和彦(9mm Parabellum Bul・let)
・NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)
・YUTA(Hawaiian6)
・sugiurumn
・TSUTCHIE(SHAKKAZOMBIE)
・HITOSHI OHISHI(NEWDEAL / the samos)
・中村文俊(エンジニア)

P008_009_奥田俊作-1.jpgP012_013_9mm-1.jpgP086_087_NAOKI-1.jpg 

▲「電源アーティスト」たちがケーブルについて熱く語る!

ということで、クリエイターなら一冊持っていて絶対に損をしない本書。他者と差を付けるなら、ケーブル選びの時点からサウンド・メイキングにオリジナリティを加えたいものだ。書店で見かけたらぜひともチェック! 

●書名:ミュージシャン/クリエイターのための電源&ケーブル入門BOOK
●発行:リットーミュージック
●定価:1,890円
●頁数:140ページ
●発行日:2010年3月15日


<関連リンク>
>>Rittor Music SQUARE(通販サイト)で購入

>>この本をamazonで購入 

TUNECORE JAPAN