V-DrumsとOCTAPADの機能と操作性を山崎彰が実演/ローランド新製品発表会

NEWS by 編集部 2010/02/04

vdrum-main

ローランドの新製品発表会において、V-Drumsの新製品およびパーカッションパッドのOCTAPADの魅力を伝えてくれたのは、V-Drumsのデモ・パフォーマンスを日本全国、そして海外でも公演する”V-Drumsの伝道師(?!)”とも呼ばれる山崎彰だ。

・クリックすると画像を拡大できます。

octa-1.jpg

octa-2.jpg
vdrum-1.jpg 

ローランドのサイト「Roland Music Navi ~楽器の使いこなし情報満載のWEBマガジン~」にて、V-Drumsの使い方はもちろん、工場レポートなども行なっている山崎彰は、V-Drums関連の新製品を紹介するのにこれ以上はないという人物。

≫≫Roland Music Naviの山崎彰の記事はこちら

OCTAPAD SPD-30:可能性を広げるフレーズ・ループ機能

さっそく、OCTAPAD「SPD-30」の魅力を尋ねると、「スタイリッシュなデザインのうえに、パッドの周囲にライトが点灯するようになっているので、暗いステージでも問題なく叩ける」と外観的なメリットを挙げ、「打面の打感もとてもよく、強弱のニュアンスがよく表現される」と、いくつかの音色で実際に叩いてみせる。また、V-Drumsのバスドラム・パッドと組み合わせた演奏や、映画のSE(効果音)のような音を使ったデモ演奏も披露。
そして本製品の最大の特徴とも言える「3種類のキットを同時に駆使できるフレーズ・ループ機能」に関しては、実際に録音していき、さらにエフェクトをかけ、なおかつリアルタイム演奏も重ねていくというパフォーマンスで説明。OCTAPADの幅広い可能性を見せつけるものとなった。

≫≫SPD-30の製品紹介記事はこちら

TD-12KX-S:コンパクトながらもプロクオリティを持ったV-Drumsの新モデル

次にV-Drumsのニューモデル「TD-12KX-S」での演奏を披露し、改良されたスタンドの安定性やプレイヤビリティの良さ、そして口径数の大きくなったバスドラム&フロアタムの音質の良さを聴かせ、コンパクトながらもプロクオリティを持つ本製品をアピール。

≫≫TD-12KX-Sの製品紹介記事はこちら

いずれの製品も、V-Drums関連製品に精通している山崎彰ならではの演奏により、プレイヤーの創造性を刺激する魅力が存分に伝えられたデモンストレーションであった。

[山崎彰オフィシャルサイト]
[ローランド]
[ローランド「SPD-30」紹介ページ]
[ローランド「TD-12KX-S」紹介ページ]

TUNECORE JAPAN