フィリップ・セスの参加するPSPがライブ盤を発売&来日

NEWS by 編集部 2010/02/01

フィリップ・セス(k)サイモン・フィリップス(d)ピノ・パラディーノ(b)という

日本でもなじみの深いトップ・ミュージシャンから成るフィリップ・セス・トリオ。

2009年2月に東京・Billboard Liveで初公演を行った彼らだが、

本公演から選りすぐりのトラックを収録したライブ・アルバム『PSP Live』を2月10日にリリースする。

 

サイモン・フィリップス作のエスニック調パーカッション中心のナンバー「Mancala」や

ローズの旋律が心地良いピノ・パラディーノ作の「What’s Wrong With You」、

フィリップス・セスの派手なピアノ・ソロが聴ける「Roppongi Blues」のほか、カバー曲などをプレイ。

 

本作がデビュー作となっているが、トリオはその後 “PSP” として正式な活動をスタートさせており、

2月中旬から再び日本公演を行うことが決定している。

 

PSP JAPAN TOUR

2月19日(金)福岡・Gate’s7

2月20日(土)岡山・RED BOX

2月21日(日)高知・Caravan Sary

2月22日(月)兵庫・Chicken George

2月24日(水)愛知・Bottom Line

2月25日(木)大阪・BIGCAT

2月26日(金)東京・STB139

2月27日(土)東京・STB139

2月28日(日)福島・Hip Shot Japan

 

 

PSP_J.jpg

『PSP Live』

アンド・フォレスト・ミュージック:NNCJ-1203/2月10日発売

TUNECORE JAPAN