【新刊案内】『ひたすら弾くだけ! 超絶ギター・トレーニング』

NEWS by 編集部 2009/11/26

加茂フミヨシによる大人気シリーズ『ひたすら弾くだけ!』の最新作、2009年12月17日に発売!

ムック『ひたすら弾くだけ!超絶ギター・トレーニング』CD付き
著者:加茂フミヨシ

本サイトのコラム「一歩先を行くギター・トレーニング」でもお馴染みの超絶技巧ギタリスト、加茂フミヨシが、”オールジャンルな光速弾き“&”速弾きをしなくてもスリリングなプレイ“を2大テーマとしたギター教則本『ひたすら弾くだけ!超絶ギター・トレーニング』をリリースします。

“ひたすら”シリーズは、これまでエレキ&アコギの教則本3冊/DVD版1本、ベース系教則本2冊/DVD版1本が発売されました。その”ひたすら”シリーズ創始者である加茂氏の執筆・演奏による本作が、シリーズ第7弾となります。発売は12月17日(木)。乞うご期待!

→付録CDの試聴はリットーミュージック ホームページでどうぞ!

 

【商品紹介文】

“速弾き=メタル系”という固定概念を打ち破る”オールジャンルな光速弾き”!
アウト感満点の刺激的プレイ! 初級〜上級者まで”超絶”を体得!!

速弾きだけをレクチャーした超絶系教則本は多数あります。しかし、本書は”超絶”=”リスナーが感じる聴覚的な要素”ととらえ、過激&複雑を増す 21世紀の超速弾きに加え、速弾き以外の刺激的プレイをも網羅! 知的なフレージングのツボをマスターすれば、速弾きをしなくてもスリリングなプレイが可能になります。また、速弾きというとメタル系でしか使えない印象がありますが、本書ではあらゆるジャンルの超絶プレイが満載。技術至上主義の上級者はもちろん、初級者レベルのギタリストでも”超絶”プレイを楽しむことが可能です! 

※注:本書ではテンポ170の16分音符以上の速さを<速弾き>と定義しています。

【CONTENTS】

≪1章 基本&ハイテク技を駆使したスリル≫
■”ギター考古学=ブルース”で必須! チョーキング&ビブラートによる表現
◎Analyse1:”音程屈折率=チョーキング・コントロール”の考察
◎Analyse2:チョーキングにおける”融合”と”分離”

■トレモロ・ピッキングとストレッチの制御法
◎Analyse1:トレモロ・ピッキングのスピード理論
◎Analyse2:”指裂き解剖学=ストレッチ”! そのカギは左親指の位置

■複雑なコード進行でのソロを”和音造形学=コード・フォーム”で乗り切る!
◎Analyse1:難解コード・フォームの公式的な暗記法1
◎Analyse2:難解コード・フォームの公式的な暗記法2

■幾何学的なスウィープ・ポジションでジャジィなコード進行を弾く
◎Analyse1:Am7フォームとスウィープ・ポジションの共通項
◎Analyse2:A7フォームとスウィープ・ポジションの共通項

≪2章 天下無双のアイディアを駆使したスリル≫
■脱・古典的ソロ! ペンタトニックに潜む刺激効果の究明
◎Analyse1:駆け上がり&横移動による現代的フィンガリング
◎Analyse2:滑らかな”うねり”の方程式=上下行+スライド移動

■”リズム”と”音程差”が作る違和感による心理学的アプローチ
◎Analyse1:”リズムの二重構造=ポリリズム”に挑む
◎Analyse2:音程差の臨界点! 大幅スライド&ピッキング・ハーモニクス

■”音のパラレル・ワールド=異弦同音”を使い、不思議なニュアンスを構築
◎Analyse1:開放音と押弦音の異弦同音が作る小宇宙
◎Analyse2:ストレッチ&異弦同音で音を液状化

■解剖学的な限界に挑戦! ストレッチ”でキーボード風コード・サウンドを創造
◎Analyse1:”手のひらヨーガ=ストレッチ・コード”で脱力の研究!
◎Analyse2:”ストレッチ・コード+タッピング”による算術

≪3章 衝撃的スケール&過激な音使いを駆使したスリル≫
■音程差の方程式! 計算された音跳びにチャレンジ
◎Analyse1:弦跳びを用いた音跳びの構造を解明
◎Analyse2:A7に対し、なんちゃってアカデミック奏法で対応

■フレーズの半音ずらしで、”調性の重力から脱出=アウト”する
◎Analyse1:イン⇔アウト自在! お手軽アウト術の定理
◎Analyse2:フレーズのベクトルを半音ステップでシフトさせよ!

■ペンタトニックの共通項から、さまざまなスケールを導き出せ!
◎Analyse1:ペンタのDNAに潜むリディアン・スケールを抽出
◎Analyse2:ペンタのDNAに潜むオルタード・スケールを抽出

■数列的な音配置?! 異色のスケール、ホール・トーン
◎Analyse1:ホール・トーンが指板上に描く幾何学模様の研究
◎Analyse2:ホール・トーンとナチュラル・マイナー+♭5th音の共通項

≪4章 一撃必殺の光速弾きを駆使したスリル≫
■速さの臨界点に挑戦! 人体の仕組みをも考慮した超速弾き
◎Analyse1:人間工学に基づくポジショニングでの速弾き
◎Analyse2:左手優先の意識を養う心理学的アプローチ

■乳酸との戦い! 高速メタル・リフで必須の右手の持久力を養う
◎Analyse1:ロクリアンに潜むメタル遺伝子が、ダウン・ピッキングを覚醒
◎Analyse2:連続ダウンとオルタネイトの対比によるスピード感の検証

■”音の流体力学=レガート奏法”による流麗な速弾き
◎Analyse1:左手の最終進化系=4ノート・パー・ストリングス
◎Analyse2:4ノート・パー・ストリングスで弾く最先端レガート奏法

■”ピックのベクトル的運動=スウィープ&エコノミー”で音の自由度をアップ!
◎Analyse1:エコノミーによる意識の制御とピッキング・アングル
◎Analyse2:ジョイント&スウィープが譜面に描く三角関数的ライン

≪卒業レポート≫

総合練習曲「Thrill Ride」に挑戦!

[加茂フミヨシ式 一歩先を行くギター・トレーニング]
[加茂フミヨシ オフィシャルサイト]
[加茂フミヨシ MySpace]

 

TUNECORE JAPAN