MIDI認定制度に「MIDI検定1級」を新設!

NEWS by 編集部 2009/11/05

MIDI検定の最上位グレード「1級」の試験要項を発表

MIDI規格を理解し、活用できる人材の育成プログラムとして、社会法人音楽電子事業協会(AMEI)が平成11年より実施しているMIDI検定。その最上位グレードとなる「MIDI検定1級」は、楽譜からの音楽情報を正確かつ表現力豊かに作品として結実させるプロ・レベルの技能を認定するもので、平成22年1月より実施される。

試験方法は、楽譜にて提供された未発表の課題楽曲(2分程度)を受験者がMIDIデータと音楽CDとして完成させるというもの。プライベート・スタジオなど任意の環境にて制作された作品を、正確性/表現力などの評価基準によって採点を行い、合否が決定される。

受験資格を有するのは「MIDI検定2級」実技試験合格者。実施(制作)期間は平成22年1月15日〜25日で、20時間程度の作業時間が想定されているという。採点はMIDIデータを評価する一次審査と、表現力を評価する二次審査の二段階で行われ、平成22年3月末に合否が発表される。

申し込み受付期間は平成21年12月10日〜25日。提出方法や提出物の詳細については、MIDIライセンスホームページの受験案内を参照してほしい。

 

【関連リンク】
社会法人電子事業協会(AMEI)

TUNECORE JAPAN