Vol.05 仕事場探訪~GIRA MUNDO編

本間昭光のプロデューサーEYES by 本間昭光 2013年4月1日

_1_DSC_0551

今回の”仕事場探訪”ゲストは、GIRA MUNDOさん。前回のゲスト、STUDIO APARTMENTのコンポーサー、キーボード・プレイヤーの阿部登さんからのご紹介です。GIRA MUNDOさんは、ブラジル 音楽に興味を持ち、実際現地にも行き、その造詣を 深めたということですが、彼がどんな環境で音楽制 作をしているのか、大変興味があります。今回も自身の音楽制作に対するこだわりついて話を聞いてきましたので、その模様を動画でお楽しみください。

Part1
音楽制作の機材について

Part2
ギター、ベース、パーカッション機材について

Part3
GIRA MUNDOインタビュー

Photo Gallery

__2_DSC_0584.jpg
__3_DSC_0563.jpg
閑静な住宅街にあるGIRA MUNDOさんのスタジオ全景。パソコン、キーボードのほか、ギター、ベース、パーカッションなどの機材をそろえ、音源はソフト音源が中心とのことです。 デスク右手側のキーボードは、MオーディオProkey88。
__4_DSC_0558.jpg
__5_DSC_0559.jpg

エレキ・ギター、アコースティック・ギター、エレキ・ベースの数々。基本的にGIRA MUNDOさん本人がレコーディングのために演奏するそうです。

パーカッション類。ブラジルのトライアングルやミニサイズのスティール・ドラム、プラスティック製のカバサなど、個性的な楽器を所有しています。

__6_DSC_0576.jpg
__DSC_0573.jpg

マイクは左から、シュアSM58、オーディオテクニカ AT4050、AT4060、 AKG C414B ULSなどを所有しています。

ラック内にユニバーサルオーディオLA-610がセットされ、その上にはノベーションNovaが置かれていました。

__DSC_0561.jpg
__DSC_0569.jpg

部屋の奥にはスルド、ウィンド・チャイムなどのパーカッション類が置かれています。

モニター・スピーカーはアダムオーディオA7を使用しています。

本間昭光

大阪府出身。作編曲家、キーボーディスト、プロデューサー。4歳よりピアノを始め、アマチュア・バンドでキーボードを担当する。松任谷正隆に作曲、アレンジを師事、その後本格的に活動を開始する。現在は、いきものがかりをはじめとし、ポルノグラフィティ、浜崎あゆみ、和太鼓チーム、倭の音楽プロデュースなど多数のアーティストを手がける。(www.bluesofa.co.jp/

GIRA MUNDO

サウンド・プロデューサー、コンポーザー。2006年、ブラジル人ミュージシャンとレコーディングを行ったアルバム『GIRA MUNDO /Ponto de partida (Sao Paulo, Rio de janeiro)』をリリース。 またキマグレン、bird、akiko、Saigenji、などのサウンド・プロデュースも手がける。 (giramundo.syncl.jp/

TUNECORE JAPAN