Vol.03 仕事場探訪~田中隼人(agehasprings)編

本間昭光のプロデューサーEYES by 編集部 2012年10月16日

“仕事場探訪”の3回目のゲストは、前回の蔦谷好位置さんから紹介していただいた、作曲家、音楽プロデューサーの田中隼人さんです。今回も実際に田中さんの仕事場を訪れ、機材や楽曲制作についてのこだわり、またキーボーディストとのかかわり合い、さらにはキーボーディストの地位向上について話を聞いてきました。下記動画でお楽しみください。

Part1
スタイリッシュなスタジオに潜入

Part2
スタジオ機材について

Part3
田中隼人インタビュー

Photo Gallery

KM1210_akst2.jpgのサムネール画像 KM1210_akst3.jpgのサムネール画像
田中さんのスタジオ全景。パソコン、キーボード、DJセット、ギター、マイクなどの機材をそろえ、日々ここで作曲、アレンジ、デモ制作を行なっています。 CDJのセットは、パイオニアCDJ-1000mk3、DJM-800、EFX-1000。
KM1210_akst4.jpg KM1210_akst5.jpgのサムネール画像

DAWはスタインバーグCubase6.5を、MIDIキーボードとして、ヤマハKX61を使用しています。

ピアノ・タッチ用の鍵盤、コルグSP-250。

KM1210_akst6.jpgのサムネール画像 KM1210_akst7.jpgのサムネール画像

ノベーションNocturn Keyboard 25。

アレシスMicron。

KM1210_akst8.jpgのサムネール画像 KM1210_akst9.jpgのサムネール画像

MIDIコントローラー、CME UF6。

外部音源は、上から3つ目、コルグ TR-Rackから順に、ヤマハMotif-Rack ES、ローランドXV-5080をセット。

 

KM1210_akst10.jpg  KM1210_akst11.jpg 
ギターも所有しており、音楽制作に活用しているそうです。  これは!?

TUNECORE JAPAN