STUDIOLOGIC Numa Concert/Numa Compact/Numa Nero/Numa Nano/Numa Organ 2/Sledge、Xkey by CME、PLOYTEC/πλ2

キーボード・バイヤーズ・ガイド2015 by キーボード・マガジン編集部 2015年1月16日

ステージ・ピアノ、オルガン、MIDIキーボードをそろえる
老舗鍵盤メーカー発のNumaシリーズ

STUDIOLOGIC Numa Concert

オープン・プライス(市場予想価格:226,800円前後)

th_P33_SP1

 

STUDIOLOGIC Numa Compact

オープン・プライス(市場予想価格:71,800円前後)

th_P33_SP2_new

 

STUDIOLOGIC Numa Nero

オープン・プライス(市場予想価格:172,800円前後)

th_P33_SP3

 

STUDIOLOGIC Numa Nano

オープン・プライス(市場予想価格:113,400円前後)

th_P33_SP4

 

STUDIOLOGIC Numa Organ 2

オープン・プライス(市場予想価格:194,000円前後)

th_P33_SP5

鍵盤メーカー、ファタール社が立ち上げたブランド、スタジオロジックからNumaシリーズのキーボードがラインナップ。Numa Concertはステージ・ピアノ・モデルの最上位機種で、鍵盤はGrand Touch TP/40木製鍵盤を採用。1GBにも及ぶ大容量サンプリング音源を搭載しており、グランド・ピアノの演奏感を高い次元で再現している。また、エレピやクラビなどの12音色を演奏可能。そして、優れた演奏性を持ちながら、コンパクトで可搬性の高いボディを実現したのがNuma Compact。88鍵のセミ・ウェイテッド・アクション鍵盤を備え、10音色を内蔵している。MIDIキーボードのNuma NeroはGrand Touch TP/40木製鍵盤を採用しており、各ボタンのMIDI設定を64のプリセットから選べる。もちろん自分の好きなセッティングも保存可能だ。Numa Nanoは、その機能をTP/100LR鍵盤、11kgという軽量ボディに収めたモデル。新登場のNuma Organ 2は、フィジカル・モデリング音源によってリアルな音色を備えるデジタル・コンボ・オルガン。鍵盤はTP-8Oウォーターフォール型の61鍵+12鍵となっており、7つのオルガン・モデルを搭載。ドローバー、パーカッション、ロータリーなどももちろん操作可能で、本物さながらの音作りと演奏性を実現している。

 

PPG Waveのサウンドを継承するモデリング・シンセ

STUDIOLOGIC Sledge

オープン・プライス(市場予想価格:151,200円前後)

th_P33_SP6

ウォルドルフのシンセ・エンジンとファタール社製の鍵盤が融合したアナログ・モデリング・シンセ。61鍵のTP/9S シンセサイザー鍵盤を搭載しており、3つのオシレーターはアナログ波形からPPG Waveのサウンドまで選択可能。切り替え可能なマルチモード・フィルターや、2LFOを使って、シャープかつ豊かなサウンドを生成できる。

 

モバイル・シーンに最適なUSBキーボード

Xkey(Xkey by CME)

オープン・プライス(市場予想価格:14,000円前後)

th_P33_SP7

薄さ16mm、重さ600gというポータブルUSB/MIDIキーボード。25鍵、ポリフォニック・アフタータッチ対応のフルサイズ鍵盤を搭載し、感圧式のピッチベンド、モジュレーション・ボタン、オクターブ・シフト、サステイン・ボタンを装備。また、鍵盤数のアップした37鍵バージョンもラインナップする。

 

超コンパクトな筐体に機能が詰まった箱型シンセ

PLOYTEC πλ2

オープン・プライス(市場予想価格:12,960円前後)

th_P33_SP8

πλ2(ピーエルスクエアド)は小さな箱型の筐体に2VCO、2VCF、1VCAを備えるシンセサイザー。オシレーターはデジタルで、VCFにはデジタルとアナログの両方を搭載している。操作子は一切ないが、MIDIコントローラーと専用エディター・ソフトを使って、多彩な音作りを行うことが可能だ。また、プリセット音色も32個備える。

STUDIOLOGIC、Xkey by CME、PLOYTEC


※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ディリゲント
TEL: 03-5159-1821 http://www.dirigent.jp/

TUNECORE JAPAN