ビンテージ・シンセのサウンドを完全再現 操作性の優れたアナログ・モデリング・シンセサイザー

KORG KingKORG

キーボード・バイヤーズ・ガイド2014 by キーボード・マガジン編集部/撮影:八島崇 2013年12月10日

36-korgkingkorg-main

シンプルな操作で音色エディットが可能なアナログ・モデリング・シンセサイザー。ビンテージ・シンセを再現したモデリング・フィルター、豊かな歪みを生み出す真空管ドライバー回路、6タイプ×3系統のマスター・エフェクトなどを使用し、ファットなサウンドを生み出すことができる。また、アコースティック・ピアノやエレピ音色などのPCM音源も搭載しており、1台で幅広いジャンルを演奏することが可能となっている。

大高 シンセサイザー音色がどれを弾いてもすごく太いですね。ただプリセットを選んで弾いているだけなのに、すごくカッコ良く鳴ってくれます。それに、音のバランスもすごく良くて、低域でブラス・サウンドのコード弾きを行っても、濁らずに1つ1つの音がしっかり分離して聴こえるのに驚きました。音域によって音の聴こえ方が変わってくることってよくあるのですが、どの音色も低域から高域まで弾いすごく良く響きます。それから、音作りがすごくしやすいですね。私はあまりアナログ・シンセサイザーで音作りは行わないのですが、ノブをいじってみたらすぐに目的の音になりました。また、音にストレス感じたときは、エフェクトをいじることが多く、その調整も幅広く行うことができます。PCM音源などもたくさん数を用意しているし、レイヤー/スプリットも組めるので、かなり自由な使い方ができるシンセじゃないかと思います。

多彩なプリセット音色

36-korgkingkorg-ph1

XMT音源によるビンテージ・シンセ・サウンドから、ピアノなどのPCM音色まで、200プログラムの音色を内蔵。好みのプログラムをいつでもワンプッシュで呼び出せるフェイバリット機能も搭載している。

大高 シンセサイザー音色がどれも分厚くて、音量バランスもとても良いです。音色に導かれたフレーズが浮かんだりもして、弾いているだけですごく楽しい! 特に“Synth 1984”という音色が気に入りました。

分かりやすい音色エディット

36-korgkingkorg-ph2

セクションごとに分かりやすく配列されたパネル・レイアウト。また、コントロール・ノブに音色ごとに最も効果的なパラメーターがアサインされており、ツマミをいじるだけで音作りの楽しみを味わうことができる。

大高 タッチ・パネルで階層に入ってパラメーターを見付けて……という音作りではないので、ツマミをいじって直感的にエディットができますね。難しさを感じることなく、本当に思いどおりの音を作ることができます。

真空管エフェクトも搭載

36-korgkingkorg-ph3

本体左側にはフル・アナログの真空管ドライバー回路を設置。キーボード・サウンドに温かみのある音圧感を加えられるほか、BOOSTボタンを使用すれば、激しいドライブ効果を与えることができる。

大高 音がものすごくファットになりますね。“Syn
th 1984”の音色にこの真空管ドライバーとディレイをかけた音色を作ってみましたが、とても良い感じです。真空管が実際に目に見えるデザインも面白いですね。

Review for KingKORG by 大迫杏子

ビンテージ・サウンドの再現と
音作りのしやすさを両立

KingKORGは、MS2000、RADIASなど数々の名機を作ってきたコルグ社が新たに発表した、ライブ向けアナログ・モデリング・シンセサイザーである。操作面からも、セッティング面からも、今までアナログ・タイプのシンセサイザーに縁がなかった初心者や女性のキーボーディストの方にも自信を持ってお薦めでき、ある程度シンセに慣れ親しんでいる方の心もかなりくすぐるであろうユニークな1台だ。

まずは音作りの話を。アナログ・シンセと言えばいくつか往年のビンテージ・シンセが存在し、それ自体をモデリングしたシンセを購入した方もいるだろう。私もその1人だが、使用した印象としては、もちろんとても良いサウンドだし往年の定番音色はたくさんあるが、最近の音楽に“使える”音色を見つけたり、調整するのが初心者には少し難しい印象があった。その点KingKORGのオシレーター・セクションは、新開発モデリング音源XMTによって、自分が出したい音のベースとなるものを“選ぶだけ”なのがポイント。“これこれ!”というサウンドがすぐに出てくる。オシレーターのタイプはスタンダードなものからPCM、DWGSなど近代的なものまでそろっており、3オシレーター×2ティンバーという構成で、かなり幅の広い音作りが可能。また、エディットにおいても各オシレーター・タイプに合ったパラメーターがCONTROLノブにすでにアサインされているし、パネル・レイアウトもよく使用されるノブだけが配置されている。このような初心者にやさしい設計も相まって、すぐに“的を得た”音作りが行えるのだ(これはシンセの面白さを理解する上で大変重要だろう!)。経験者は操作子が少ない印象を持つかもしれないが、回すだけでなくスイッチになっているノブもあり、ボタンとの組み合わせで想像よりも広範囲の操作が直感的に行える。もちろんプリセット自体も豊富だ。楽器カテゴリー・ボタンや好みの音色をワン・プッシュで呼び出せるフェイバリット機能もあるので、目的の音色へ素早くアクセスできる。

そして、ここで筆者がいち押ししたいのは往年の名機に搭載されていたフィルターを再現したモデリング・フィルターだ! フィルターはシンセサイザーのサウンドの個性を決める重要な部分で、実際にタイプを変え聴き比べてみるとその違いは歴然。例えば重量感たっぷりの低音を出せる“LPF MG”、ピークで歪み特徴的な倍音が加わるキレッキレの“LPF Acid”など、ほかにも“P5”“OB”“MS-20”があり、フィルター自体“これこれ!”と言いたくなるくらい楽しいのに、オシレーターとの今までになかった組み合わせでサウンドも作ることができるのだから、シンセサイザー好きにはたまらない1台だろう。

ライブでは欠かせない
PCM音色も内蔵

そして音作りには欠かせないエフェクト・セクション。さまざまなタイプの空間系、モジュレーション系、歪み系など定番エフェクトはもちろん、果てはマスターEQまで搭載! どれも“使える”高いクオリティでこの価格帯では考えられないほどのスペックになっている。特筆すべきは真空管ドライバー回路。フル・アナログの真空管が搭載されており、厚く温かみのある音色から、強烈なドライブ・サウンドまで作ることが可能だ。

また、アナログ・シンセサイザーという枠にとらわれず、ライブ演奏に必要な要素がこれ1台に備えられているのも本機の大きなポイントの1つ。ピアノやストリングスなど、キーボーディストはシンセ以外の音を演奏することも大変多い。また、運搬やバンド転換の問題で現実的にあまり複雑なセットは組められず、結果61鍵盤程度のPCMシンセを1台……という現状の方は多いだろう。本機がすごいのは、本格的なアナログ・モデリング・シンセサイザーであるにもかかわらず、アコースティック・ピアノ音色などのPCM音源も搭載しているところだ。鍵盤数も61鍵あり演奏も十分行える。2ティンバーを生かしてスプリット/レイヤーをすることも可能なので、7kgと大変軽い本機1台を持って行くだけで普通にライブができる。前述の強力なエフェクトも使用すればむしろ従来のPCMシンセよりユニークでパンチの効いたサウンドを幅広く作り出せるはずだ。

シンセサイザーに慣れ親しんだ方はゼロからの音作りも楽しめるし、ボコーダー、アルペジエーター、さらには音作りやリアルタイム・モジュレーションの幅を大きく広げるバーチャル・パッチや、CV/GATE OUT端子まで搭載! この価格帯では考えられないほどのボリューム感だ。さらに、コンピューター上で音色プログラムを管理できるライブラリアン・ソフトウェアも無償で提供されている。このコスト・パフォーマンスの大変良い本機、あらゆるキーボード・プレイヤーに“買い”な1台だと思う。

KORG KingKORG

 

KORG

KingKORG

126,000円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
コルグ お客様相談窓口
TEL: 0570-666-569 http://www.korg.com/jp/

【SPECIFICATIONS】
●鍵盤:61鍵 セミ・ウェイテッド鍵盤(ベロシティ対応)●音源システム:XMT(eXpanded Modeling Technology)●プログラム:プログラム数=300プログラム(プリセット:200)、カテゴリー数=8カテゴリー、ティンバー数=最大2ティンバー(レイヤー/スプリット時)、最大発音数=最大24ボイス●シンセ:[オシレーター]構成=3オシレーター(アナログ、ノイズ、DWGS、PCM、MIC INタイプに対応)、タイプ数=127タイプ(アナログ&ノイズ:32、DWGS:64種、PCM:30種、MIC IN)、[フィルター]構成=1フィルター(LPF、HPF、BPFに対応)、タイプ数=18タイプ(LPF:7種、HPF:5種、BPF:6種/モデリング・フィルターを含む)、モジュレーション=EG:2基/LFO:2基/AMP、ルーティング=バーチャル・パッチ:6系統●エフェクト:[セクション]プログラム・エフェクト×3(PRE FX、MOD FX、REV/DELAY)+EQ+TUBE[タイプ]PRE FX=6タイプ、MOD FX=6タイプ、REV/DELAY=6タイプ●接続端子:DAMPER端子(ハーフ・ダンパー非対応)、SWITCH/PEDAL端子、CV/GATE OUT端子●外形寸法:1,027(W)×313(D)×96(H)mm●重量:7.0kg

TUNECORE JAPAN