【ライブ・レポート】INO hidefumi

ライブレポート by 編集部 2010年4月30日

2010年4月10日に渋谷クラブクアトロで行われたINO hidefumiライブのレポートです。

2009年11月にリリースされた最新アルバム『INOCOLOGY』を引っ提げ、全国11カ所で行われた全国ツアー”INO hidefumi LIVE SET”。その最終日、4月10日に行われた東京・渋谷クラブクアトロの公演の模様をレポートしていこう。

追加公演でもあったこの日のステージ。INO本人のブログでも紹介されていたが、全国各地のライブが盛況だったことを裏付けるように、多くのファンが会場に詰めかけた。そんな中、白衣(!)を纏った3人が登場。ザワつく観客の前に、INOは”ファイナル”と書いた横断幕(!?)を掲げてみせ、ライブは幕を開けた。

ステージに向かって左側がINOのキーボード・ブースで、ローズとモーグMinimoogがコの字型に設置。ローズにはショルダー・キーボード、ヤマハKX5が立てかけられ、さらにその上にはヤマハTenori-Onが観客に向けてセットされている。そしてブース前にドラム・パッド、ブースの後方にはドラム・セットも設置されるなど、キーボーディストとしてはかなり変わったセッティングになっている。ベーシストの岡戸一朗がステージ中央に立ち、そしてINOと向かい合うような形でドラマーの生方伸彦がステージ右側に鎮座。トリオとしては定番の位置取りではあるが、そこから鳴らされる音は、他の何とも一緒にはくくれない唯一無二のものだった。

最新作の1曲目でもある「球体」でスタートしたライブは、最初からローズの音色が鳴り響き……と言いたいところだが、オープニングからドラムを激しく叩くINOの姿に唖然とする。その新作の曲を中心に進んでいくのかと思いきや、3曲目ですでに1st『Satisfaction』からの超人気ナンバー「Spartacus」が披露されてしまったことにも驚いた。セットはその1st、2nd『Living Message』の楽曲、カバー、そしてもちろん最新作の楽曲が織り混ぜられたもの。バラエティに富んではいるが、違和感はない。それは3人の演奏が生み出すグルーブ感がすべてに共通して流れているからだろう。

4Z1Z8761.jpg

前述したとおり、INOのブースはさまざまな楽器であふれており、それらを駆使して独自の音世界を紡ぐ彼に、”白衣”というステージ衣装はぴったりだ。観客に背を向けMinimoogのフィルターを開閉したり、ローズ上のTenori-Onの背面ボタンや飛飛マシンなどのエフェクトのツマミを操作する様は、本当に科学者が実験を行っているよう。ネクタイ型ギロ(遠目に見ていると本物のネクタイにしか見えなかった!)やピックアップ付きのカリンバなど、要所要所に飛び出してくる小道具を使った演奏も面白い。ショルキーを弾くのはアリとして、ヒゲダンスまで飛び出したのにはビックリしたが(笑)、それらのチャーミングな演出に観客たちはすっかり取り込まれている様子だった。そして、INO同様実にさまざまな楽器を弾いてみせる岡戸、それら色とりどりのサウンドを絶妙の呼吸で支え、時にINOとのドラムやドラム・パッドの掛け合いも見せた生方。3人のミュージシャンによる音の実験室はとにかく居心地が良かった。

そんな中、やはり大きな存在感を放っていたのがローズ。ライブでは、通常自宅制作スペースにあるMark IIを使用していた。INOが故郷の宮崎の浜辺で録音したという波の音が鳴らされて始まった「黄金の波」。ローズのブライトで美しい音色がその周りの音を包み込むように会場に優しく響きわたる様は、その日のクライマックスの1つだったと言える。

本編の最後では、”今後も誠実に自分の音楽の道を行く”というINOの決意表明も込められた新曲「My Way」が披露された。ピアニカの温かい音色を生かしたアレンジに改めて彼のカバー・センスを感じる。アンコールは、「Spartacus」のアンサー・ソングとも言える最新作収録の「Innocent Devil」、そしてこれも人気の高い1st収録のナンバー「Just the 2 of Us」。ローズ・サウンドがたっぷりと会場を満たし、その日のステージは幕を閉じた。

サウンドも内容も凝縮された”LIVE SET”は大満足のひと言。ライブがあまり多くないことでも知られるINOだが、これだけの密度でステージを構築するのが簡単ではないことは容易に想像でき、それも納得。ただ”ぜひまた観たい!”ので、彼がまたその実験室を公開してくれることを心待ちにしたいと思う。

_MG_7821.jpg

SET LIST
01 : 球体
02 : 群青世界
03 : Spartacus
04 : Manai 
05  :  innocent innerspace laboratory
06 : Fire Cracker
07 : Blood is Thicker than Water
08 : 黄金の波
09 : さくらさくら
10 : Billie Jean
11 : COSMOCOLOGY
12 : 失われたもの
13 : My Way
E.C.: Innocent Devil
E.C.: Just the 2 of Us 

 

innocent record:IRCD-0003
jacket.jpg

INO hidefumi Official Website

 

 

TUNECORE JAPAN