【インタビュー】縦横無尽なサウンド・メイキングができるモンスター・モノシンセ、MatrixBruteをアートリア創立者が語る!

インタビュー by キーボード・マガジン編集部 翻訳:中山美樹 2016年12月8日

Exif_JPEG_PICTURE

フランスのシンセ・メーカー、アートリア(ARTURIA)によるアナログ・モノシンセ、MatrixBrute。モジュラー・システムのようなサウンド・メイキングが可能なモンスター・マシンは、発表時から大きな注目を集めている。2016楽器フェアのコルグ・ブースにて展示されていた同機の前でも、足を止める人たちが数多く見られた。

MatrixBruteは、2基のオシレーターとサブオシレーターを搭載するモノシンセ。パワフルなオシレーターと、16種類のモジュレーション・ソースと16種類のモジュレーション・デスティネーションを自在にルーティングできるマトリクス・セクションにより、過激で複雑な音作りが可能となっている。ここでは、2016楽器フェアに合わせて来日したアートリア設立者、フレデリック・ブルン氏に、モンスター・シンセMatrixBruteについて聞いた。

Exif_JPEG_PICTURE

アートリア設立者のフレデリック・ブルン氏

●これまでアートリアは、MiniBrute、MicroBruteといった小型ハード・シンセが評価を得てきましたが、MatrixBruteは非常に対照的な大型のシンセですね。
弊社がこれまでリリースしてきたハードウェア・シンセよりもパワフルな機種をマーケットに出したいという意欲があったんだ。開発におけるコンセプトは、モデュラー・シンセのメリットを持ちつつプリセットを保存できるシンセにすることで、ステージでも演奏できるようにしたかった。このシンセの開発にはかなりの時間を要した。MatrixBruteはエポックメイキングなシンセだと確信しているし、私たちにとって非常に重要な製品だ。もちろん、ミュージシャンにとっても興味深い刺激的な楽器だと思う。

●アナログ・シンセゆえ、オシレーターやフィルターにこだわったと思うのですが。
このシンセは100%アナログなので、もちろんVCOも純粋なアナログだ。このオリジナルVCOを開発するのにかなりの時間を費やしたんだ。3基のVCOはすべて少しずつ異なっていて、それぞれに独自の個性がある。2つのフィルターも興味深くて、1つがMiniBruteに搭載していた伝説的なSteiner-Parkerフィルター。もう1つはモーグ・タイプのラダー・フィルターに新しいモードを加えた。そんなふうに、私たちは常に斬新な新機能を開発し続けている。音楽の歴史に敬意を払いながら、音楽の未来に向けた発明に貢献しているわけだ。これは私たちが明確に意識していることでもある。また、LFOもそれぞれが独特の個性を持っている。エンベロープ・ジェネレーターはデジタルだが、エンベロープ自体の動作速度が非常に速い。このエンベロープの開発にも相当の時間を費やした。

●サウンド開発で長時間を要したのはどの工程ですか?
すべてだね。このプロジェクトは3年間かけた大掛かりなものだったんだ。シンセの歴史を見ても、これだけアナログ・エフェクトが搭載されたアナログ・シンセはMatrixBruteだけだ。これらのアナログ・エフェクトは本当に良いサウンドを作る。その点で非常にパワフルなマシンだが、プリセットのおかげでとても使い勝手がいい。MatrixBruteのプリセットは操作がとても簡単だ。

●マトリックス・セクションではどんなことができますか?
このセクションの主な機能は3つだ。まずコントローラーのパッチ機能。ケーブルを使わずに、シンセのさまざまな機能をパッチングでき、それらの設定を保存できる。もう1つはプリセットの選択。さらに、このパネルをステップ・シーケンサーとしてMatrixBrute上で直接シーケンスをプログラムすることも可能だ。

●どんなユーザーにMatrixBruteを薦めますか?
独立独歩の若いミュージシャンたちにアプローチしたい。さらにキーボーディスト、サウンド・デザイナー、プロデューサーなど、すべての人々に使ってもらいたいね。

matrixbrute-image

MatrixBrute 近日発売予定/価格未定
●アナログ・マトリクス・シンセサイザー●256 音色メモリー●アナログ・エクスポネンシャルVCO×2:ノコギリ波+UltraSaw、矩形波+パルス・ウィズス、三角波+メタライザ一、サブオシレーター●アナログ・リニアVCO/LFO× 1:ノコギリ波、矩形は、三角波、サイン波、LFO タイム・ディビジョン、キー・トラック●ハード・シンク(VCO2→VCO1)●オーディオ・モジュレーションVCO1→VC02, VCO1←VCO3→VCO2、VCF1 ←VCO3→VCF2、VCF1←Noise→VCF2●ノイズ・ジェネレーター:ホワイ卜、ピンク、レッド、ブルー●オーディオ・ミキサー:5インプット+フィルター・ルーティング●Steiner-Parkerフィルター:12dB/24dB/Oct、Drive、Brute Factor、ローパス、ハイパス、バンドパス、ノッチ●ラダー・フィルター:12dB/24dB/Oct、Drive、Brute Factor、口ーパス、ハイパス、バンドパス●LFO×2:サイン波、三角波、矩形波、ランプ波、ノコギリ波、ランダム、S&H●エンベロープ・ジェネレーター×3:ADSRタイプ×2 、DADSR(ディレイ、アタック、ディケイ、サステイン、リリース)タイプ×l ●外部音声入力(ライン、楽器レベル)●16×16マトリクス・モジュレーション・パネル●64ステップ・シーケンサー:ステップ・イネーブル、スライド、アクセント、モジュレーション、シーケンス・パターンをリアルタイムに保存、呼び出し可能●アナログ・エフェクト:ステレオ・ディレイ、ディレイ、フランジャー、コーラス、アナログ・リバーブ●アルペジエーター●12CV/Gate入出力●MIDI端子、USB 端子●ペダル入力(エクスプレッション、サステイン)

 

Amazon.co.jpから購入定期購読(特典つき)

バックナンバー

TUNECORE JAPAN

@KeyboardMagJP からのツイート