大人のギタリストを唸らせるDuesenbergの実力

誌面連動動画 by 秋摩竜太郎 写真:星野俊 動画:MINORxU 2015年5月13日

Duesenberg4

ドイツのギター・デザイナー、ディーター・ゲルスドルフが1986年に立ち上げたデューゼンバーグ。日本では椎名林檎が使用したことで人気に火が付いたが、海外ではロン・ウッド、ボブ・ディラン、ジョー・ウォルシュなどが使用しており、大人のロックンロール/カントリー・ギターとして地位を確立している。

主要パーツを自社生産していることやアール・デコ調のデザインなどが特徴的な同社のギターから、今回は注目モデル3本を三宅伸治による試奏動画にて紹介する。

なおギター・マガジン2015年6月号では、試奏記事に加えてそのほかの主力ラインナップ、ヒストリー、デザイナー・インタビューと徹底的にその魅力を掘り下げているので、合わせてチェックしてほしい。

三宅伸治Profile

みやけしんじ。1985年MOJO CLUB結成。89年よりタイマーズとしても活動。バンド解散後はソロ活動と並行して仲井戸“CHABO”麗市、木村充揮、斉藤和義など数多くのアーティストと交流。現在は三宅伸治BAND、ソロ、山崎まさよしとのユニットであるドブロクなど、さまざまなフィールドで魅力的なギターを披露している。

TUNECORE JAPAN