タイミングを変えることで手持ちフレーズを新鮮にするワザ!/MI Japan ギター・クリニック

MI JAPANギター・クリニック by 静沢真紀 2012年8月9日

MI JAPANの人気講師陣がリレー形式で誌上ギター・クリニックを行なっていくこのコーナー。今月はMI大坂校の人気講師でもある女流ギタリスト、静沢真紀が再び登場!

こんにちは。このコーナーには2度目の登場となります。MI大阪校の静沢真紀です。

今回はアドリブでブルージィなソロをバリバリと弾いてみたいけれど、フレーズの持ちネタがあんまりないねん!という、初級~中級の方を対象に、今ある手持ちフレーズをもう一度見直し、応用する方法をひとつ提案させていただきます。

もととなるフレーズを発展させていく方法はいろいろありますが、今回はリズムについて、特にフレーズの出だしのタイミングに限定して考えてみました。具体的に言うと同じひとつのフレーズを半拍または1拍分、前後にずらすことで印象を変えてみようという作戦なのです。

“え~っ、そんな単純なことか~”とおっしゃらずに、騙されたと思って試してみて下さい。タイミングひとつでいつものフレーズが、攻撃的な印象になったり、逆に抑制された大人のニュアンスを持ったりするのを発見できるでしょう!  アドリブでソロを弾くといつも同じタイミングで弾き始めてしまうというクセのある方は矯正効果も期待できます。

【MI×ギタマガ】OPEN HOUSE/静沢真紀

基礎フレーズ

▼クリックで拡大

mi_gm_2012_07_score_1

まずは、上のウォーミングアップから始めてみましょう。シンプルなA7のリフっぽいフレーズを、半拍ずつ前にずらして弾いてみます。(1)は1拍目の頭から始まる基本のパターンです。オルタネイトピッキングで弾いてみて下さい。 (2)は(1)を半拍、つまり8分音符ひとつ分、前にずらしたパターンで、カウントの4拍目ウラからスタートしています。(1)とはかなり違った印象になります。 (3)は(2)をさらに半拍前にずらして4拍目オモテからスタートします。三者三様のノリがつかめるまでくり返し弾いてみて下さい。

トレーニング・フレーズ

▼クリックで拡大

mi_gm_2012_07_score_2-thumb-600x473-55218

(4)と(5)は、keyAのシャッフル・ブルースを意識した同じフレーズです。頭のちょっと明るい印象のフレーズが、(4)では3拍目のウラからスタートしています。(5)は(4)を1拍分そっくりそのままずらして、4拍目ウラからのスタートになっています。(4)にゆったりとした安定感があるのに対して(5)のほうは、少し前のめりな雰囲気が感じられるのではないでしょうか?

また、”出だしのタイミングずらし”は、フレーズ全体をすべてずらしてしまわなくても、本当に最初の1音だけで印象を変えることができます。

(6)は1拍目頭から始まるブルージィなフレーズですが、出だしの少し長めの音だけを半拍だけ前後にずらしてみました。(7)は4拍目ウラから始まり、(8)のほうは1拍目ウラから始まります。そのあとの音符はずらさず、すべて同じタイミングのままです。

また、このEとCの複音には、クォーター・チョーキングと表記しています。1、2弦を同時に4分の1音チョーキングするのですが、ピッキングと同時に弦を押し上げてしまうと、チューニングが狂っているように聴こえるので、ピッキングのあと、十分に待ってから音程を上げるようにして下さい。また、その際にはゆっくりジワジワと音程を上げるよりも、ある程度短時間で”カクッ”とチョーキングするほうがニュアンスが出るように思います。

話は戻って……。ソロを弾く時には、カウントの3拍目ウラからとか、いわゆる”ピックアップ”で弾き始めると、元気いっぱい攻める感じ。逆に1拍目より遅れて弾き始めると、余裕のある抑制された雰囲気を表現しやすいのではないでしょうか。もちろん例外はありますが、自分のフィーリングをより素直に表現するための参考にしていただければうれしいです。

静沢真紀(しずさわまき)プロフィール

mi_gm_2012_07_instructor4歳からピアノを習い、11歳の時に独学でギターを始める。その後、ウエストロード・ブルース・バンド、近藤房之助等の日本のブルースプレイヤーの影響で、ブルースを志し、”ブルースマスター”塩次伸二に師事。96年、女性ブルース・ユニット『STORMY』でCDデビュー。現在も数多くのバンドなどで活動中。また”カメリヤ・マキ”の芸名でジャパンブルース&ソウルカーニバルの司会アシスタントとして毎年出演している。99年よりMIジャパン大阪校の講師を務める。2011年12月に発売された教則DVD『ゼッタイ弾ける!ブルースギター超入門』が好評発売中! 趣味の妖怪研究では著書もある。

■本記事について

本記事は『ギター・マガジン2012年7月号』掲載のページを転載したものです。

→『ギター・マガジン2012年7月号』の詳細を見る

→インプレスダイレクトで購入する

MI JAPAN OPEN HOUSE:3誌連動・動画クリニック

mijapan-footerlogo.jpg

MI Japanは、ハリウッドにある世界最大級の音楽学校MI(MUSICIANS INSTITUTE)の日本校として、全国6ヵ所に拠点を置くミュージシャン養成機関。

MI JAPAN各校の詳細はmusicschool-navi.jpで!

OPEN HOUSEロゴ

MI Japanのプログラムを1日に凝縮した体験レッスンのこと。レギュラー講師によるクリニックなどにも,レベルを問わず誰でも参加可能。参加には予約が必要。スケジュールなどは、http://www.mi-japan.com/event/open-house.htmlでチェック!

3誌連動動画クリニックに登場した講師陣のプロフィールはこちら

TUNECORE JAPAN