左手の瞬間移動と右手のコントロール/MI Japan ギター・クリニック

MI JAPANギター・クリニック by 林剛史 2012年4月20日

MI JAPANの人気講師陣がリレー形式で誌上ギター・クリニックを行なっていくこのコーナー。今月は名古屋校の林剛史が登場だ!

全国、いや全世界のギター・マガジンを読んでいるギタリストのみなさん、どうも初めまして、MI JAPAN名古屋校ギター科講師、林剛史です。学校では、スウィープやスキッピングなどのテクニカルなことを中心に教えています。ごく稀に”ピッキングでする筋トレ”や”ムーンウォーク”なども教えています。現在は、MI GENTE(ミジェンテ)というアフリカ系ヘヴィメタル・バンド(メタルなのはたぶん自分だけですが)と、完全趣味でMR.BIGとExtremeのカバー・バンドなどをやっています。この原稿を書いてる今現在は、ソロ・ミニ・アルバム(曲数的にシングルと言ってもいいかもですが)をレコーディングしている最中なので、完成したらぜひ聴いて下さい! ちなみに、今回やっているフレーズはその中の曲で実際に弾いているものなので、音源に合わせて練習するのもいいと思います。なお、練習する時は必ずメトロノームに合わせて弾きましょうね!

【MI×ギタマガ】OPEN HOUSE / 林 剛史

導入フレーズ1(オルタネイト)

目標テンポ:150以上

▼クリックで拡大

mi_gm_2012_04_score_1

4オクターブの音域を一気に上下する、オルタネイト・ピッキングのフレーズです。5連符から6連符へスピードが上がったあと、4小節目の3拍目で16分音符、4拍目で3連符と最後は一気にスピードが下がるので、勢いがついた右手にしっかりブレーキをかけるのが最大のポイント。”ただただ全力で動かしてる弾き!”にならないように、こういった緩急のあるフレーズを練習して右手をコントロールしていきましょう。

導入フレーズ2(スウィープ)

目標テンポ:180以上

▼クリックで拡大

mi_gm_2012_04_score_2

スウィープ・アルペジオでよく使う4つの形を、ピッキングの流れと左手の動きに合わせて連結させた、4オクターブを一気に駆け上がるフレーズです。スウィープ・アルペジオの3大重要ポイントは、左手のミュート、右手のミュート(ブリッジ・ミュートではない)、右手の位置です。特にこのフレーズはライトハンドが入っているので右手の弾く位置が最重要ポイントになると思います。均等じゃない形を全部16分音符で弾いていくので、リズム・キープもにも気をつけましょう。”最大の敵はノイズ!”。

トレーニング(オルタネイト)1

目標テンポ:170以上

▼クリックで拡大

mi_gm_2012_04_score_3

このフレーズは5連符で弾いていくのですが、奇数のパターンは1拍ごとにダウンとアップが逆になるので非常に混乱しやすいです。よく見ると2拍でひとつのパターンになってます。そこで、2拍10連というイメージで弾くと感覚が偶数になるので、ピッキングがよりわかりやすくなります。

トレーニング(オルタネイト)2

目標テンポ:160以上

▼クリックで拡大

mi_gm_2012_04_score_4

1ポジションで3オクターブを弾いていくのですが、左手の動きが最大のポイントになります。必ずひとつの型を弾き切ってから(最後の音を発音したのを耳で確認)、次の型に移ります。速いテンポで弾く時も、遅いテンポで弾く時も移動する時は瞬間移動するように一気に飛びましょう!

トレーニング(スウィープ)1

目標テンポ:180以上

▼クリックで拡大

mi_gm_2012_04_score_5

基本的なマイナー型とメジャー型の6本弦アルペジオなんですが、ここではルールを決めてやっていきます。まず右手をブリッジから離して前に出します。これは、ブリッジ・ミュートをできなくするため(開放の音をミュートすることが必須なので)。位置は、フロントPUの上辺りでピッキングするような感じで。”ブリッジ・ミュートでごまかしたスウィープは、限界がくる!”。

トレーニング(スウィープ)2

目標テンポ:150以上

▼クリックで拡大

mi_gm_2012_04_score_6

ライトハンドが入っている分、前項よりも右手を前に持っていき、指板の上で弾きます。自分の場合は右手は人差指も中指もどっちも使うのですが、今回はピッキングを必要とする形なので中指を使います。中指で1弦15fを押さえた時の状態が、右手を構える位置(だいたい17fの上あたりをピッキング)です。弦高が極端に低かったりするとやりにくい場合もありますが(自分の弦高は、最終フレットで最低2mm以上になるようにしています)、右手をコントロールして頑張りましょう!

林剛史(はやしつよし)プロフィール

mi_gm_2012_04_instructor13歳の時に兄のアコースティック・ギターで長渕剛を弾き語り始めたのと、エレキ・ギターを購入してX Japanにハマる。17歳の時にポール・ギルバートとイングヴェイ・マルムスティーンに人生最大の衝撃を受け、MI JAPAN名古屋校に入学。卒業後はサポートやアニメ・ゲームのレコーディングなどを中心に活動。2003年にMI JAPAN名古屋校のギター科講師を始めて、活動の幅を広げる。一番研究したギタリストはポール・ギルバート。座右の銘は、”自分に対してSになれ!”。

■本記事について

本記事は、『ギター・マガジン2012年4月号』掲載のページを転載したものです。

→『ギター・マガジン2012年4月号』の詳細を見る

→インプレスダイレクトで購入する

MI JAPAN OPEN HOUSE:3誌連動・動画クリニック

mijapan-footerlogo.jpg

MI Japanは、ハリウッドにある世界最大級の音楽学校MI(MUSICIANS INSTITUTE)の日本校として、全国6ヵ所に拠点を置くミュージシャン養成機関。

MI JAPAN各校の詳細はmusicschool-navi.jpで!

OPEN HOUSEロゴ

MI Japanのプログラムを1日に凝縮した体験レッスンのこと。レギュラー講師によるクリニックなどにも,レベルを問わず誰でも参加可能。参加には予約が必要。スケジュールなどは、http://www.mi-japan.com/event/open-house.htmlでチェック!

3誌連動動画クリニックに登場した講師陣のプロフィールはこちら

TUNECORE JAPAN