どんな練習にも応用できるリズム・トレーニングを習得しよう

MI JAPANギター・クリニック by 村山遼 2016年12月15日

みなさんはどうやってリズム感を鍛えていますか?

こんにちわー! こんばんわー! MI東京校GIT科の村山遼です! 連載担当も今月で最後となります。先日“Passo a Passo”という管楽ユニットの全5ステージ公演に参加させていただいたのですが、ラスト・ステージの音を出す前と似た寂しさを感じながら書いてます。音楽をしてるとそういったタイミングはたくさんありますが、負けじと活動を展開していきたいものです(そうでないとミュージシャンは食いっぱぐれる笑)。さて、僕がおもしろいと思うことを紹介してきましたが最終回は超アカデミックな内容です。皆さん、普通って好きですか(唐突!)。僕はへんてこりんなことも好きなのでよくやるのですが、すると、この普通ってやつもとても大事な気がします。“すごい!”と同じテンションで“普通!”って思うことはあまりないですよね。そうやって見落としてしまうことをよくよく考えてみると意外に難しくておもしろい。“何をもって普通というのだろう”って話になると僕の苦手な分野に突入するので譜例解説にいきます! そして全3回ありがとうございました!

今回のテーマはリズム・トレーニングです。みなさんはどうやってリズム感を鍛えていますか? 僕は“リズムを練習するにはコレ”と決まったフレーズがあるわけではなく、どんなプレイに対してもカウントをするようにしています。というのもギターを弾きながら歌う機会が増えまして、これがけっこう難しい。歌のリズムにギターが引っ張られてしまいます。おそらくこれは自分の演奏内容にタイム感がくっついてしまっているのが原因なので、それを引き剥がすためにカウントを取りながらギターを弾くようにしています。これはバンドでコーラスを歌う方にもいい練習になると思いますよ。ちなみに冒頭でも話に出たユニットはクラシック出身の人が多いので、曲中にテンポ感が変わることがわりと普通に出てくるのですが、そういったことに対応するのにもとても役立ちました。カウントをしながら弾くのはとても普通のことなので見落としがちですが、幅広く効果があると思うので、ぜひとも声を出していい時間帯と場所で譜例にチャレンジしてみてください!

Ex-1

手始めに4分音符を弾いていきます。カウントはメトロノームに合わせてワン、ツー、スリー、フォー。声にギターを当てるように弾きましょう。普通にスケールを弾いてもおもしろくないので各弦にある同じ音だけを弾いています。これは指板の音名を覚える練習にもなると思うので、譜例ではEだけを弾いていますが、ほかの音でもやってみましょう。

Ex-2

8分音符に突入です。カウントはワン、エン、ツー、エン、スリー……。8分裏の+マークはエンと発音します。前半は表で演奏していたものを後半は裏で弾いています。練習では裏で弾いているという感覚ではなく、カウントに譜面通りの音を当てたら結果的にひっくり返ってるという気持ちで取り組むといいと思います。

 Ex-3

Ex-3では、8分音符の実音6つと休符ひとつで7音のポリリズムを弾いています。ポリリズムのフレーズは音に何かの言葉を当てはめることがよくあります。その方法の場合、フレーズの頭は意識できても、拍を意識していないので途中で速くなったり遅くなったりしても気づかない現象が起こります。ですが、カウントをしながら弾くと偶数回目の出だしが裏にひっくり返っているのがよくわかると思います。メロディはEフリジアンから音を抜粋した感じです。

 Ex-4

次は16分音符に挑戦。カウントはワン、イー、エン、ナー、ツー、イー……。カッティングの練習としてはよくある譜例だと思います。前半は16分音符の5つ取り、後半は3つ取りで発音しています。これをカウントしながら弾いてみましょう。16分音符をすべてカウントして弾けたら、続いて頭(4分音符)だけカウントして弾いてみてください。ギターとカウントの打点がずれるのでもっと難しくなると思います。

 Ex-5

最後は1拍3連符です。譜例はMIで教わるのと同じように1+a(ワン、エン、ナー)と書いていますが、僕は16分音符などと区別するためにワン、ディ、ター、ツー…とカウントしています。弾いている内容は3音ということで、トライアドを採用してオープン・ボイシングでC-D-F#-Eb…などとコードをパズルのように弾いています。

 

GM01_MIセミナー

 

TUNECORE JAPAN