テクノ寄りタッピング・フレーズにチャレンジ/MI JAPANギター・クリニック

MI JAPANギター・クリニック by SHIN 2014年10月7日

shinkai_005

SHIN(新貝幸広)です。MI JAPAN札幌校でGuitar&D™を教えてます

バンド『CAPTURED』を中心にギタリスト、作曲、アレンジャー、エンジニアと幅広く活動しています。

最近は作曲、アレンジ、エンジニア業が割合的に増えていまして(もちろんギターも弾いてますよ)いろんな作品を出しています。

そしてナイスなタイミングで!? CAPTUREDも5月にCDを出しております(笑)。ほんの一部ですがCDは通販、インターネットから視聴できる曲もあるので参考に聴いてみて下さい。

 

 

2011年11月号にもこのページを担当させてもらったのですが、テクノ寄りのギタリストです。

最近ではシンセサイザーなどが入ったロックは全然珍しくないんですが、僕が音楽を始めた当時は高価過ぎて手が届かず……ということで「ギターでやればいいか~」的発想からタッピングを多様するようになりました。当然、普通にギターを弾くのですが曲によって役割を変えています。

楽曲によりギターなしでもコード感が感じられる曲はさらにコードを入れるよりアルペジエーター的な役割でギターを入れることが多いです。

 

EX-1

前回載せたパターンですが見たことのない方も多いと思いますので今一度振り返ってみます。ペンタトニックを応用したタッピング・パターンです。

スクリーンショット(2014-10-07 13.14.55)

EX-2

こちらは普通のメジャー・スケールでのタップ例です。大したことのないフレーズですがタッピングでは運指が混乱するかもです。

スクリーンショット(2014-10-07 13.15.28)

 

EX-3

マイナースケールです。運指的にはEX-2とかわりません。熟練するとピッキングの倍速くプレイできます。

スクリーンショット(2014-10-07 13.15.35)

EX-4

スウィープの基本的な……よく出てくるポピュラーなフレーズだと思います。タッピングだとちょっと運指が困難ですが慣れると大したことはないので、

ぜひ挑戦してみてください。

スクリーンショット(2014-10-07 13.15.43)

 

 

EX-5

こちらは今回発売したCD、CAPTUREDの「PHASE8」という曲のイントロです。EX-1のパターンができるとなんてことないフレーズですのでチャレンジ

してみてください。bpmは170でプレイです。

 

スクリーンショット(2014-10-07 13.15.54)

 

EX-6

こちらは9月に発売するGYZEの曲のシンセ・アレンジの一部です。シンセに変換してますが元はタッピングで考えたものです。bpm220です。

スクリーンショット(2014-10-07 13.16.01)

 

 

EX-5のCAPTURED「PHASE8」はこちらにフルVrがあります。https://www.youtube.com/watch?v=EYZ9UqNd7WQ

ちなみにCDはこちらで購入できます。http://www.iosysshop.com/SHOP/CAPRC-1401.html

EX-6のGYZE『ファッシネイティング・ヴァイオレンス』は9月3日ビクターより発売です。

アルバムの中の1曲をシンセ&ストリングスなどアレンジしております。

島みやえい子さんの『島みやえい子&ASUKA』http://eiko-shimamiya.com/m3/(4はアレンジ5~6曲目でギターを弾いてます)

こちらは作・編曲https://www.youtube.com/watch?v=DDmLZpWkYns

一部しか紹介できませんが、おもしろいコードアレンジなどもしておりますのでぜひ参考に聴いてみてください。

 

本記事について

本記事は『ギター・マガジン2014年9月号』掲載のページを転載したものです。

TUNECORE JAPAN