Yoshio Nomura meets TASCAM GB-10~よっちゃんの活用術を公開!

特集 by 編集部 2011年3月13日

110324-tascam-gm3-yomain

タスカムがこれまでの経験で培った技術を余すところなく投入し,完成させた”ギター&ベース・トレーナー/レコーダー GB−10″。前回,本機をリポートしてくれたNAOTO(ORANGE RANGE)に引き続き,今回は野村義男を迎えてお届けしよう。以前,CDギター・トレーナー”CD-GT2″もリポートしてくれたよっちゃんが打ち出す,思いっきり活用術を公開!

ポータブル・ギター&ベース・トレーナー/レコーダー
GB-10とは?

110324-tascam-gm3-1.jpg

これまで,CD-GT1やCD-GT2といった”CDポータブル・ギター・トレーナー”を発売し,ギタリストから大きな反響を得ていたタスカム。本機GB-10の今までのモデルと異なる点は,CDに代わり,パソコンからオーディオ・ファイルとして音源を読み込める点だ。これまでのモデルが可能にしていた,ピッチを変えずにテンポ・コントロールができる機能や,コピーしたい箇所をループ再生できる機能,ボタンを押すだけでキーを変化させる機能などはそのままに,従来よりもコンパクトで操作性に優れたパフォーマンスを実現している。

そしてもうひとつ,本機を語るうえで欠かせないトピックが,録音機能だ。例えば,ふとカッコいいギター・フレーズが思い浮かんだら,電源を入れ,ギターをつなぎ,”RECORD”ボタンを押す。それだけでプレイしたフレーズがWAVファイルとして録音される。また,お気に入りのアーティストの曲をバックに,自分のプレイをオーバーダブすることも可能だ。楽曲を読み込むには,同梱されたUSBケーブルでパソコンと本機をつなぎ,パソコンに入っているオーディオ・ファイルをドラッグ&ドロップすればOK。

“ギターだけでなく,歪みやリバーブのエフェクターもつなげなきゃダメ?”。その心配もなし。ハイ・クオリティのマルチ・エフェクト機能が本機に内蔵されているからだ。それもアンプ・シミュレーター(ゲイン,マスター,トーン,リバーブ,そしてキャビネットのサイズまで選ぶことができる!),ディレイ,コンプレッサー,フェイザー,ワウ,トレモロなど実にバリエーション豊か。エフェクターをつなげずともプレイヤーのテンションをアップさせてくれるぞ。これ一台で,あなたの練習/録音の効率がグンとアップすること間違いなし!

Yoshio Nomura’s Impression

第一印象

ちっちゃい! コンパクト! 前のモデルぐらいの大きさしか想像してなかったから,これは驚きだね。CDからデータに変わったのはものすごくいいね。ホントにありがたいよ。ひとつのツアーに出ている時に,次のツアーの曲を覚えなきゃならない時があって。そうするとホテルとかで練習しなきゃならないんだよね。だからこういうツールは前から重宝してるんだけど,前のモデルだったらCDに焼く作業がついてきちゃうじゃない? だけどこれはiPodと同じ要領で事前にありったけ取り込んじゃえばいいわけでしょ。

110324-tascam-gm3-4.jpg

▲クリームの名曲「サンシャイン・ラヴ」を0.5倍速で再生した。この音源に合わせて,粋なスロー・ブルースを決めろ!

テンポ・コントロール機能

KEYを保ったまま,半分の速さまで下げられるんだ。これは速弾きのフレーズを拾うにはまさに最適だね。

はぁ〜,こんなの中学生の時に欲しかったな。速弾きなんてコピーするのあきらめるしかなかったもん。この機能でブルースの曲をテンポ・ダウンさせてスロー・ブルースを弾くのもすごくいい練習になるよ。タメの練習ができるから。いま時の若者にはぴったりだ(笑)。

110324-tascam-gm4-5.jpg

▲”KEY”ボタンを二度押せばファイン・チューン・モード。曲のキーを微調整できるぞ。これでチューニングの微妙な音源もストレスなく練習/オーバーダブできる。

KEYコントロール機能

うん,欲しい!(笑)あのね,なんでこれが便利かって言うと,普段いろんな人のサポートをしていて,ライブ前日とかに”声が出なくなったんでキーを下げます”みたいなことはよくあるのよ。それで家で練習する時に,今まではいちいちギターのチューニングを半音なり一音なり下げてやってたのね。でも家でこれをつなげて,この”KEY”ってボタンを押すだけで本番のシミュレーションはできるじゃない。それで本番の時だけギターのチューニングを下げればいいわけだからね。……あ,すごい! ファイン・チューン機能がある! これを作った人はよくわかってるねぇ。昔の音源だとよくあるんですよ。クォーター・チューニングみたいなやつが。ジミヘンの1stアルバムなんて,実はチューニングが2パターンあるんですよ。1日目に録ったのはちゃんとしたファイン・チューンなんだけど,2日目に録った曲はチューニングが少し落ちてるのね。だからコピーする時は苦労しちゃう。こんだけKEYを微調整できるってことは,もうこの機械でコピーできない曲はないって言っても過言じゃないね。

録音機能

はぁ〜こんな簡単にオーバーダブできちゃうんだね。録音ボタンを押しながら再生ボタンを押すだけだよ。懐かしのカセット・レコーダーと同じっていう(笑)。機械は苦手なクチなんだけど,これは僕でも簡単にできちゃうな。しかもいま録った音源に何重にも重ねられるの? マジ!!  は〜そうですか。これって,誰かの曲のオーバーダブだけじゃなくて,いわゆるブランク状態で自分のフレーズだけを録音することもできるんでしょ?  つまりデモ・テープ作りにも使えるってことね。これはいわゆるズルいこともできちゃうってことだよね。例えばデモ制作の時にブルースの速いフレーズが弾けなかったら,ゆっくり弾いて,その後”SPEED”ボタンでテンポ上げちゃえばいいんだから。

110324-tascam-gm4-6.jpg

▲野村が設定したコーラスのセッティング。かなり深めにかけていたにもかかわらず,原音を崩さない音色が印象的だった。

エフェクト機能

うん,トーンの効きもいいね。歪みの音は,いわゆるみんなが好きな種類の音っていうのが出てくれる。かなり激しく歪ませることもできるから,これは幅広いプレイヤーにお薦めできるんじゃないかな。ディレイも下品じゃなくていいね。実音に対してのディレイが輪郭をなくさない程度にかかってくれる。コーラスが特に気に入ったかな。こういう音のコーラスをかけたソロが流行っていた時代の音を,こんな小さい機械ひとつで体感できちゃうってのはうれしいことだね。リック・デリンジャーになった気分だ(笑)。

総評

まずひと言,欲しいです! ちょっとカッコよく言えば,スティーヴ・ヴァイがわけわからないことやってたとしても,それをわけのわかることに変えられる機械だよ。仕事でももちろん使えるんですが,途中からギター弾くの忘れちゃうほど遊べるね。まずは,パソコンから音を取り込んで,楽しむべきだな。またこういうのでギターうまくなる人が増えちゃうのは困るけどね(笑)。自分の地位が危ないから(笑)。ちょっと嘘ついて”使いにくいぞ!”って言っておかないと危険なツールでしょう。

とにかく押してみちゃえばなんかの機能が使える。触ってるだけである程度できちゃう。多少は教えてもらいながら今日は触ってみたけど,説明書はもちろん一切読んでいないし,誰でも気軽に使えると思うよ。説明書を書いている人には申し訳ないけど(笑)。やっぱりこれが一番いいのは,自分なりの使い方ができちゃうことかな。可能性は無限大です。

110324-tascam-gm3-3.jpg野村義男

のむら・よしお:1964年生まれ。東京都出身。79年にデビュー。83年にはTHE GOOD-BYEを結成しギタリストとしての活動をスタートさせる。その後は,セッション・ギタリストとして浜崎あゆみ,世良公則,宇都宮隆などのサポートを務めるなど活躍の場を広めていく。ソロ・アルバムを発表するほか,RIDER CHIPSなどバンド活動も精力的にこなす。最新作は曾我泰久と野村義男のアコースティック・ユニット”ON & OFF”の初のCD『Hello to Good-bye』。

http://www.pegmania.com/

TASCAM GB-10

110324-tascam-gm3-2.jpg価格:オープン・プライス(市場実勢価格:15,000円前後) 

GB-10の製品詳細を見る(TASCAM):
http://tascam.jp/product/gb-10/overview/

tascam-dgm-btn.jpg

 

 

SPECIFICATIONS

●記録メディア:SDカード(64MB~2GB),SDHCカード(4GB~32GB)●録音ファイル・フォーマット:WAV ●再生ファイル・フォーマット: WAV,MP3●入出力端子: GUITAR IN端子,ヘッドフォン/ライン・アウト端子,USB端子(コネクター:USB mini-B タイプ4ピン フォーマット:USB 2,0 HIGH SPEED 480MHz),REMOTE端子(2.5mmステレオ・ミニ・ジャック,別売フット・スイッチRC-3F専用)●寸法:158(W)×30(H)×70(D)mm ●重量:160g(電池を含まず)●内蔵エフェクト:アンプ・シミュレーター(リバーブ),コンプレッサー,FX(コーラス/フランジャー/フェイザー/トレモロ/オート・ワウ/ディレイ)●電源:単3形電池×2(アルカリ乾電池またはニッケル水素電池),またはAC アダプター(PS-P520:別売),またはUSBバスパワーから供給●付属品:SDカード(2GB,本体に装着済み),USBケーブル

お問い合わせ

タスカム・カスタマー・サポート:0120-152-854
http://tascam.jp/

RM221103B.jpg

本記事の内容は、ギター・マガジン誌面に掲載されたものを元に再編集しています。

ギター・マガジン 2011年3月号

発売日:2011.02.12
価格:980円

Amazonで購入する
インプレスダイレクトで購入する

TUNECORE JAPAN