【ライブ・レポート】JACK IN THE BOX 2010 SUMMER(第三部)

ライブ/イベントレポート by 編集部 2010年9月22日

 8月21日に千葉・幕張メッセ展示場4-6にてMAVERICK DC GROUP主催のフェスティバル、JACK IN THE BOX 2010 SUMMERが開催された。同グループ所属バンドのほか、ジャンルを超えた幅広いラインナップをそろえた夏の祭典の模様をレポートしよう。

kyo

2回目の休憩を挟み、ステージに登場したのはkyoだ。この稀代のボーカリストを支えるメンツがすごい。最初のバンドのギターはJIMMY(44MAGNUM)とhyde(L’Arc〜en〜Ciel/VAMPS)、ベースに愁(ギルガメッシュ)、ドラマーがJOE(44MAGNUM)で、いきなりDIE IN CRIESの「NERVOUS」をプレイ。テクニカルなプレイを難なくこなすJIMMY、熱いバッキングを放つhydeという、ここでしか絶対に観られないコンビは本当に貴重だ。続いてJIMMYを残してメンバーをチェンジ。シドのShinji(g)と明希(b)、Sakura(d:Creature Creature、Rayflower)という顔ぶれで8年ぶりに歌うというソロ曲「LISTEN to ME」を披露。ラストはミヤ(g)、YUKKE(b)、SATOち(d)にコーラスで逹瑯を迎え入れたムック勢をバックに、D’ERLANGERの代表曲「LA VIE EN ROSE」をぶちかます! 後半戦に向けてしっかりと勢いをつけた、さすがのステージングだったと言える。

Kyo-JYU.jpg

 

ベッキー♪#

テレビでお馴染みの明るいキャラクターどおりに、会場をほんわかと包んでくれたベッキー♪#の存在感は、今回のJACK IN THE BOXにとって大きな意義があったように思う。ヒット曲「好きだから」、新曲「エメラルド」など4曲を熱唱。女性ファンが圧倒的に多いながら、同性に好かれる彼女のキャラクターを証明するかのように会場は非常に盛り上がった。彼女を支えたギタリストは、宇多田ヒカルなどのサポート経験を持つ本田優一郎と、DESTROY75やCROWNなどで活動中の近藤健次。直前まで全国ツアーを行なっていただけあり、バンドの息もピッタリだった。

ベッキー♪#_MG.jpg

 

acid android

いよいよL’Arc~en~Cielメンバーのソロ(もしくバンド)が続々と登場。先陣を切ったのはyukihiroがボーカルを務めるacid androidだ。「enmity」を皮切りに脳髄を直撃するようなデジタル・ビートのウネリがフロアを覆い尽くす。さらにantz、kishiのツイン・ギターがディストーション・サウンドのリフで切り込み、分厚い音の層が構築されていく。その中央でスッと立つyukihiroの凛とした佇まいが実にクール。「daze」でカオスティックな空間に導き、「let’s dance」ではセンターの花道を進み、コードが届かなくなったところでマイクを叩きつけ、さらに先端へと歩み続けた。ラストは刺激的なインダストリアル・ナンバー「violent parade」でヘドバンの嵐を巻き起こしてステージをあとにした。

acid-SUN.jpg

 

TETSUYA

オープニングから爽快なナンバー「LOOKING FOR LIGHT」をくり出して、会場をカラフルに染め上げたTETSUYA。 “こんばんは。AKB48です!……違うか、東方神起です!”とMCを切り出してオーディエンスの空気をすっと和らげる(メッセ別会場でAKB48は大握手会を開催していた!)。ギタリストの室姫 深、中村 佳嗣は長年TETSUYAをサポートしているうえ、ツアーを終えたばかりで一体感も抜群だった。「Roulette」ではタオルが一斉にクルクルと回って実に壮観! TETSUYAも実に気持ちよさそうにマイク・スタンドをクルクルと泳がせていた。11月にシングル・リリースされるミディアム・テンポの「lonely girl」を挟み、ツアーで披露された新曲「Are you ready to ride?」では”バナナマン ブラザーズ”とともに行なったコール&レスポンスで会場が一体に! 天性のエンターテイナーっぷりが見事だった。

TETSUYA_MG.jpg

 

Ken

新作ミニアルバム『The Party』の最速お披露目となったのはKenのステージ。白田一秀、中間英明という昨年のツアー同様、ハードロック界の先輩にギター・プレイを託してマイクを握る。「Blow」ではアルバムでプレイされたKenのスタイルを継承しつつ自身の色を加える、中間の高速フレーズが冴え渡った。スピーディな「Stray」、ハネが心地よい「DOWN」は白田との共作曲で、ギターが先導するハードロック・ナンバー。自然と会場からは拳が振り上がり、ソロではギター・キッズたちの目が一段と輝きを増していた。スケールの大きなミディアム・バラード「solitary stroll」では女性コーラス、Tomoが活躍。Kenのハイトーン・ボイスとの相性もバッチリで、荘厳な雰囲気がフロアを支配する。一転、「T.P.I.T.P.」にはマスコット・キャラクター、ラグベベちゃんが登場し会場全員でダンシング! さらに白田&中間のソロはリレー形式でつなぐ刺激的な展開と、まさにパーティ気分での大盛り上がりで締めくくられた。

Ken-YUK.jpg

▲Ken

白田JYU.jpg

▲白田一秀

中間JYU.jpg

▲中間英明

 

sads

昨年ソロ名義で出演した清春は、再始動した新生sadsとしてメロイック・サインを高々と掲げて幕張に帰還した。時にムチを手にした妖艶なウォーキング、パワフルかつ唯一無二の存在感を放つボーカルで会場を圧倒していく清春。硬質なバンド・サウンドの中では、多彩なテクニックを見せつけるK-A-Z(g)のプレイが圧巻だった。Vタイプでタッピングを要所にキメまくった「EVIL」、シェクター製7弦ギターでのオクターブ・リフが効果的な「GOTHIC CIRCUS」。「WEEKEND THE LUST」での高速スウィープは一死の乱れもない。ブリッジ・エンド側へのアーミングが見た目的にもカッコイイ「Because」など見どころ十分。MCをほぼ挟まず一気に演奏してきた清春は”クソぬるいよ幕張!”と煽り、焚きつける。負けじとファンがぶつかりに行った「SANDY」での雰囲気は、まるでワンマン・ライブのような緊張感で会場がピリッと引き締まった。

sads-_MG.jpgK-A-Z_MG.jpg

▲K-A-Z

 

VAMPS

花道で「LOVE ADDICT」のイントロを何度もかき鳴らすK.A.Z(g)、それをステージ上で微動だにせず凝視するHYDE(vo、g)。sadsが作り上げた、良い意味での緊張感を引き継ぐかのような、最高のオープニング演出に感じた。しびれが切れる寸前に黒いムスタングでリフを重ねてくるあたりはさすが! 「ANGEL TRIP」では上手、下手に分かれて会場内を席巻、幾千のタオルが旋回、宙を舞い、一気に会場をVAMPSモードに引き込む。SHAMPOOのカバー曲「TROUBLE」ではHYDEが花道を進み、K.A.Zは「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」でジャズマスターで華麗なギター回しを数回披露するなど、サービス度も満点。フェスの”顔”としての貫禄を見せつける。ラストはPAUL(vo:44MAGNUM)を招き入れて、モトリー・クルーの「LIVE WIRE」をカバーし、しっかりとロックの先輩へのリスペクトを示した。こういったところもJACK IN THE BOXの素晴らしさのひとつ。

HYDE-JYU.jpg

▲HYDE

K.A.Z-JYU.jpg

▲K.A.Z

 

ムック

フェスのラストを飾ったのはムック。ディスコ・テイスト溢れるSEに乗せ順々にメンバーが登場し、最後に逹瑯(vo)が白い着物姿で現われる頃には、フロアも戦闘態勢が完全にできあがっていた。ミヤが「ファズ」の歪んだイントロを弾き出したところでスパーク! 会場が巨大なダンスエリアと化していく。ヘヴィなリフと細かなピッキングのリードで圧倒する「咆哮」では”oh〜”の大合唱が巻き起こる。爆発音が鳴り響き、リリースが間近の新曲「フォーリングダウン」で加速したステージは、逹瑯の”ラストに行こうか? 遊んでくれる? 遊んでくれんのか?”という煽りをきっかけにした「蘭鋳」へとなだれ込む。ミヤの7弦ギターとYUKKEの5弦ベースが重低音を刻み、SATOち(d)のスネアが乱打され、恒例のジャンプでフロアも応戦。見事にトリを務め上げてくれた。

ムック-_MG.jpgミヤ-YUK.jpg

▲ミヤ

 

MAVERICK DC SUPER ALL STARS

 すべての出演者のパフォーマンスを終え、残すはお待ちかねのMAVERICK DC SUPER ALL STARSのみとなった。逹瑯とマオ(シド)が次々と出演者をステージへと招き入れる。そして、PAULから挨拶があり、来年結成20周年を迎えるバンドの名が告げられた。もちろんL’Arc〜en〜Cielのことだ。続いて「READY STEADY GO」がプレイされ、豪華なマイク・リレーが実現。最後はhydeの手に渡り、ピースフルな空気が充満する会場のボルテージは最高潮に達した。44MAGNUMを先頭に走り続けてきたデンジャー・クルーの結束の固さ、先輩に敬意を払い、後輩を温かく見守る姿は実に微笑ましく、こういった大きなイベントが長い年月をかけて作り上げられてきたことを改めて実感し、感慨深いものがあった。

ALL-STARS_MG.jpg

すべての出演者がステージを降り、観客が会場をあとにしようとしたその時、場内が暗転。モニターには2011年の幕開けの瞬間、ここ幕張メッセでの L’Arc〜en〜Ciel再起動の文字が映し出された。絶叫、悲鳴とともに感動で泣き出すファンたち。言葉では表わせない感情が会場を包み込む。夏JACK最後のプレゼントを抱えて、満面の笑みで帰路につくのであった。

 

第一部へ

第二部へ

JACK IN THE BOX OFFICIAL WEB

 

TUNECORE JAPAN