【ライブ・レポート】JACK IN THE BOX 2010 SUMMER(第一部)

ライブ/イベントレポート by 編集部 2010年9月22日

 8月21日に千葉・幕張メッセ展示場4-6にてMAVERICK DC GROUP主催のフェスティバル、JACK IN THE BOX 2010 SUMMERが開催された。同グループ所属バンドのほか、ジャンルを超えた幅広いラインナップをそろえた夏の祭典の模様をレポートしよう。

カラス

今年のトップバッターは、ムックの逹瑯(vo)の呼びかけのもと、ヒロト(g/Alice Nine)、美月(g/Sadie)、dunch(b/jealkb)、KENZO(d/AYABIE)というネオ・ビジュアル界の精鋭が集まり、昨年のJACK IN THE BOX 2009 SUMMERのために結成されたスーパー・バンド、カラスだ。一夜のセッションでは留まらず、”バンド”として羽ばたいた彼らの1曲目は昨年も披露したオリジナル曲「LASTICA」。ヒロトのトリッキーなソロや、シャッフル・ビートの小気味いい演奏も堂に入っている。空間的なコード・ワークが映えたカバー曲「魂のルフラン」、10月にシングルとして発表される新曲「free」と、全3曲という少ない曲数ながら、フレッシュさと貫禄の入り交じったパフォーマンスでフェスに勢いをつけた。

karasu.jpgヒロトYUK.jpg

▲ヒロト

美月YUK.jpg

▲美月

 

LM.C

2番手はLM.C。ダーク・メルヘン・ロックな「GHOST HEART」、Aiji(g)のエッジィな刻みが引っぱるハードな曲調からサビではバラード風に展開する「OH MY JULIET.」、曲名どおり疾走感のあるパンク・ポップ・チューンに会場全体が跳ねた「PUNKY HEART」、独自のミクスチャー・ヘヴィ・ロックをキャッチーに聴かせた「Rock the LM.C」と、多彩ながらわかりやすくノリやすい曲調は、まさにこういったイベント向き。最初は若干アウェー感もあったが、”こういうイベントだと、好きなバンド以外はノリにくいとか、好きなバンドにうしろめたいっていう人もいるみたいだけど……大丈夫! まだ来てないから(笑)”などとフレンドリーに観客を煽るmaya(vo)のキャラクターもあり、短い時間の中でしっかりと観客を引き込んでいたのはさすがだ。

LM.C-NYC.jpgAiji-YUK.jpg

▲Aiji

 

ゾロ

続いて登場したのはゾロは、トランスチックなビートにシャープなカッティングが切れよく乗った「HOUSE・OF・MADPEAK」でスタートし、ワウを生かしたイントロ・リフの「warp」へと流れる。「warp」ではワウを活用しつつタッピングも絡めたギター・ソロがなかなか聴きごたえがあった。”踊り明かそうかー!”という龍寺(vo)がシャウトした「GOLD CARD」は、ボコーダーも使用したキャッチーなディスコ曲。ここでもタイゾ(g)のワウ・リフがいい味を出す。全体的に若々しくエネルギッシュな演奏には荒削りな部分も見えたが、タイゾのプレイには落ち着きも感じられ、バンド・サウンドをうまくまとめていた。また、女の子ルックのたつひ(b)がくり出すゴリゴリのベース・サウンドも見た目とのギャップがあり、なかなか萌え。今後のさらなる飛躍が期待されるバンドだ。

ゾロ_MG.jpgタイゾ_MG.jpg

▲タイゾ

 

Alice Nine

SEが流れるとともに大きな手拍子が客席から起こり、ボーカリスト以外のメンバーが登場。そのまま全員がドラムに向かい合って、空間系のインスト・プレイでステージを開始したのはAlice Nine。そのイントロ・プレイから一転して突入した、ヘヴィなロック曲「RAINBOWS」ではヒロト(g)のディレイ・トリックを使ったハイポジションでのアルペジオが印象的だった。続くハモリの単音リフから始まった新曲「閃光」は、ヒロトから虎(g)へ、そしてまたヒロトへとリレーされたギター・ソロも含めて、ギタリスト的な見どころも多い攻撃的な楽曲で、会場のボルテージもグッと上がる。ラストは、シンセも入ったスケール感のあるミディアム曲「the beautiful name」。ここでもヒロトのくり出すアルペジオにはセンスが感じられ、非常に心地よかった。

Alice-Nine-NYC.jpgヒロトJYU.jpg

▲ヒロト

虎-YUK.jpg

▲虎

 

ギルガメッシュ

長時間にわたるライブの第一部のトリを務めたのは、ギルガメッシュだ。爽やかなサビから始まる新曲「COLOR」では、弐(g)がスリップノットのジム・ルート・モデルのテレキャスターでツブ立ちの良いリズムを刻む。エンディングではメロディを生かしつつもギター然としたソロをプレイ。”ギター・ソロはあんまり好きじゃない”と以前本誌のインタビューで語っていた弐だが、なかなかどうして、ソロもしっかりと聴かせてくれる。その実力がはっきり見えたのが、”先輩の曲をやらせていただこうと思います”と言って始めたL’Arc〜en〜Cielの名曲「STAY AWAY」のカバーで、ソロではトリル、タップ、トレモロ・ピッキングなどを流れるように折り込んだ。続く「sunrise」は、観客がタオルを思いっきり振り回して楽しんでいたが、トーキング・モジュレーターのソロも注目点で、ソロ後のコール&レスポンスでは、さらに観客との距離を縮めていく。ラストの曲「evolution」も含めて、初めてライブを観る人でも入りやすいリズム・センスの良さを感じる楽曲は、キャッチーさとヘヴィさのバランスも良く、まさにフェス向きだと感じた。

ギルガメッシュ_MG.jpg弐-YUK.jpg

▲弐

 

第二部へ

第三部へ

JACK IN THE BOX OFFICIAL WEB

TUNECORE JAPAN