ヤマハ新製品NXシリーズがリー・リトナーの試奏によりお披露目

ライブ/イベントレポート by 編集部 2009年8月28日

8月21日(金)、ブルーノート東京にてヤマハのエレクトリック・ナイロンストリングス・ギターNXシリーズの発表会が行なわれ、ゲストのリー・リトナーの試奏によって音色が初披露された。

このシリーズは、深胴ボディ、ネック接合位置12フレットなどが特徴のNCXタイプと楕円サウンドホールなどが特徴であるNTXタイプの2タイプ9モデルを展開。全モデルにA.R.T.(アコースティック・レゾナンス・トランスデューサー)という新開発のピックアップシステムを搭載している。これにより、中音域を忠実に拾い、ギターの箱鳴りもピックアップでき、より幅広い表現が可能となった。

NCX2000Rを手に全3曲を演奏したリーは、本製品を”レスポンスがすごくいい。いつまでも弾いていたくなるギターだよ”と大絶賛。ニューアルバムのレコーディングではほとんどの曲に使用していることを明かしてくれた。彼のほかに、ロドリーゴ・イ・ガブリエーラのふたりやアントニオ・フォルチオーネらも愛用しているとのこと。

このNXシリーズは現在発売中。11月開催の楽器フェアではヤマハブースにて試奏できるそうだ。ぜひ自分自身の耳で素晴らしさを体験してみては。

 

▲NCX2000R。NCXタイプは全5モデル。

▲NTX900FM。NTXタイプは全4モデル。

 

[ヤマハ - NXシリーズ]
[リー・リトナー 公式サイト](英語)
[ビクターエンタテインメント - リー・リトナー]
[ユニバーサル ミュージック - リー・リトナー]
[2009楽器フェア]

TUNECORE JAPAN