ヤマハ新製品発表会で南こうせつのシグネイチャー・モデル2機種お披露目

ライブ/イベントレポート by 編集部 2009年8月6日

2009年8月3日(月)、都内で行なわれたヤマハ新製品発表会にて、南こうせつのシグネイチャー・モデル2機種がお披露目された。LJ36KMとLJ36KM HANAがそれで、両者ともに既発のLJ36AREをベースにしており、長年弾き込んだような深く温かみのある音色が特徴。

A.R.Eとは木材の経年変化を短期間で促進し楽器の音色を改善するというヤマハ独自の技術。また、こうせつのトレードマークである桜の花のインレイが随所に散りばめられているのが特徴だ。さらにLJ36KM HANAは南の絵を元にしたトップのざくろの花の蒔絵が目を引く。

090806_yamaha_01.jpg

▲写真中央が南こうせつ。LJ36KM HANAを手に解説。

彼はこのモデルを手にして”工芸品とも言えるレベルの高い仕上がり”と評し、9月発売の新曲を披露するなどとても気に入っていることがうかがえた。9月20日(日)には10年ぶりとなるサマーピクニックフォーエバーinつま恋の開催が決定しており、このギターを手にステージに立つ晴れ姿を見ることができそうだ。

090806_yamaha_02.jpg

▲LJ36KM

090806_yamaha_03.jpg

▲LJ36KM HANA

両モデルは2009年8月4日から受注を開始し、2009年12月31日までの限定発売となっている。

[ヤマハ]
[南こうせつ オフィシャルサイト]

TUNECORE JAPAN