高中正義、新作『夏道』発売プレスイベントでジオラマギターを披露

ライブ/イベントレポート by 編集部 2009年8月4日

7月31日(金)、渋谷区のフェンダー・ショーケースにて、高中正義の新作『夏道』のプレスイベントが行なわれた。

高中は新作のジャケットにも描かれている夏空模様のTシャツを着て登場。フェンダー・カスタムショップ製の高中ストラトキャスターを持って、まずは定番曲「ブルー・ラグーン」をプレイした。

▲フェンダー高中ストラトキャスターで「ブルー・ラグーン」をプレイ。

続いて、『夏道』の制作経緯を語り出す。ここで、制作の大きなきっかけを作ったのがギター・マガジン編集長の野口であることが明かされた。

続いて、「甘夏時計」、「一番好きな海の色」などの新曲を披露。途中、アルバムでも使ったというデジテックのワーミー・ペダルによる実演などもあり、会場を沸かせた。

また、TOKYO GUITAR SHOW2009で話題をさらい、『夏道』のジャケットにもなった”新ジオラマ・ギター”をお披露目。ジオラマ製作者の諸星昭弘氏を招いて、トークをくり広げた。

▲これがジオラマギター! ちゃんと弾けるところがスゴイ。

ギター・マガジン9月号(8/12発売)では、編集長の野口が高中にゆる〜く切り込むロング・インタビューを掲載。ジオラマ・ギターの詳細も紹介する。

▲ジオラマギターの製作者である諸星昭弘氏(写真左)もステージに登場。

さらに、YouTube内のギター・マガジン・チャンネルでは『夏道』から「はじくぜ!BABY」の本人実演による動画を公開中。

[高中正義 公式サイト]
[諸星昭弘 公式サイト]

TUNECORE JAPAN